理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > 頭金はどれぐらい必要?

頭金はどれぐらい必要?

家づくりを行うにあたって、頭金としてはどれぐらい用意しておく必要があるのでしょうか?一般的な頭金の目安、そして実際あったほうがいい頭金の割合について紹介していきます。

■家が完成する前にも必要な費用はたくさん...

これから家づくりを行うにあたって、頭金としてはどれぐらい用意しておく必要があるのでしょうか?

一般的には総費用の20%程度用意する必要がある、と言われています。ただ、この割合としては最低限、と考えておいた方がいいかもしれません。

元々金融機関で住宅ローンを借りる場合は、一般的には借りることができる上限が住宅取得費用の8割まで、となっていますので、残りの2割に関しては自分たちで用意しておかなければなりません。

そして、住宅ローンで気を付けておかないといけないのは、融資が実行されるのは家が完成してからだということです。そのため、家が完成するまでに必要となる費用に関しては自己資金で支払う必要があります。

その際に、総費用の20%程度だと、足りない場合が出てきます。例えば、中間金の支払いがある場合は、上棟時点で中間金を支払う必要が出てきます。もちろん住宅ローンによってはこの中間金もローンで賄うことはできますが、余分に費用が必要となってきます。

■自己資金は多めに用意しておこう!

また、家づくりというのは急きょ思いもよらない余分な費用が必要になってくる場合があります。その際に手元に現金がないと、最悪の場合必要な金額を用意できないということになりかねません。

もちろん住宅ローンの種類によっては全額借りることができるものもありますが、やはり基本的には自己資金を多く持っておいた方がいいのは間違いありません。

住宅ローンの頭金として現金を30%程度用意しておくと何かあった場合にも対応しやすいので、なかなか難しい部分でもありますが、できるだけ頭金は多く用意したうえで家づくりを行うようにしましょうね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > 頭金はどれぐらい必要?