理想の家づくりトップ > 管理人のよもやま話 > バスルームメーカーと言えば・・・

バスルームメーカーと言えば・・・

管理人のよもやま話として、今回は癒しの空間であるバスルームのメーカーについて取り上げます。バスルームのメーカーとそれぞれの特徴についてすこ~しご紹介。
Bathroom Design

■癒しの空間だからこそ吟味したい!

日本人にとって癒しの空間でもあり、毎日の疲れを取る場所でもある、大事な場所バスルームについてのメーカーを紹介していきましょう。

お風呂を選ぶ際というのも、機能で選ぶのか、デザインで選ぶのか、はたまた素材で選ぶのか、等々数多くの選択肢があります。

そして選択肢としては、キッチンと同様海外の輸入品も対象に入ってくるでしょう。ただ、今回はキッチン同様国内メーカーに限って紹介していきたいと思います。

ちなみに国内のお風呂メーカーとしては、どうしてもトイレやキッチンメーカーとかぶってしまいますのであしからず・・・。

まずは給湯器のイメージが強いノーリツ。ノーリツのバスルームは、少し広くすることができる、という特徴があります。0.75坪しか広さがないのに1坪の広さにすることができる、という少しマジックがかった特徴を持っています。

次にTOTO。TOTOの特徴としては、かなり自分好みのバスルームにアレンジしやすい、ということが挙げられます。デザインにもこだわっていますので、癒しの空間にはもってこいですね。

次はINAX。INAXはやはり全体的に商品の幅広さという面では群を抜いていますね。どんなバスルームがいいか決まっていない場合はINAXのショールームでかなり楽しめると思います。

他のバスルームのメーカーとしては、パナソニックやサンウェーブ、クリナップ、日立ハウステック、タカラスタンダード、ヤマハなどなど。

キッチン同様バスルームの選択肢もかなり広いので、こちらも時間をかけて納得のいくバスルームを選ぶようにしましょうね。

理想の家づくりトップ > 管理人のよもやま話 > バスルームメーカーと言えば・・・