理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 直営工事は難しい?

直営工事は難しい?

家づくりにおいては請負工事が一般的ですが、分離発注を行う直営工事で家を建てることもできます。しかし、難しい部分もある直営工事の実際について紹介していきます。

■直営工事はコストダウンの為やこだわりの実現の為に増えている!

一般的に施工会社に家づくりの工事をお願いするときは請負契約になります。一括請負ですと、基本的には家づくりの関わる工事の一切を引き受けることになり、一般的な工事の依頼方法になると思います。

一方で、請負では依頼せずに直営工事をするという手段もあります。家づくりにおける直営工事とは、一般的には工事ごとの分離発注となり、仮設工事や屋根工事、設備工事などそれぞれ別々の工事会社に発注することとなります。

直営工事をすることのメリットとしては、やはり一つ一つの工事に対して厳密な見積もりを出してもらって比較検討をすることで、全体の経費を下げることができる、ということがあります。

また、最近では自分で家を建てたい、という方も増えてきていますので、専門的な技術が必要なところだけは工事の発注を行い、自分でできるところは全て自分で行うために直営工事を行うこともあります。

■直営工事は施主の負担が大きくなる...

とはいえ、やはりこの直営工事というのは非常に大変な工事になります。

各工事にそれぞれ業者選定をしていく必要がありますし、全体の段取りを考える必要もあります。また、工事監理も別途契約しないと工事に対する不安も大きいでしょう。何より、責任の所在が分かりにくくなるため、何かあった場合には家づくりを進めることができなくなる場合もあります。

価格的にも大幅に安くなるということもありませんので、よっぽど自分自身の手で家を建ててみたいと思っている方以外は通常の請負で工事を依頼したほうがより満足できる家づくりができることになると思います。

理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 直営工事は難しい?