理想の家づくりトップ > ベーシック > 設備編 > 断熱雨戸という選択肢

断熱雨戸という選択肢

窓の断熱というとすぐに思いつくのはやはりペアガラスや二重窓、だけど断熱雨戸という選択肢もあります。その断熱雨戸はどのような効能があるのか、そしてその断熱雨戸がそれほど普及していない原因には何があるのか、ということについて紹介していきます。

■断熱効果の高い断熱雨戸。でも普及していない!?

窓に対する断熱というと、やはりペアガラスや二重窓などが思い浮かびますが、窓ガラス自体に断熱対策を施さずに断熱を行うという手段もあります。その為の設備が断熱雨戸です。

断熱雨戸は、特に冬が寒い地域においては非常に有効です。なぜなら、窓を二重窓にしてしまうと、日中の暖かい日の光まで遮ってしまいますので、家の中がそれほど暖まりません。

しかし、断熱雨戸でしたら日中は雨戸を開けておけば、普通の窓ガラスですと日光を有効に取り入れることが可能です。そして日が沈むと雨戸を閉めておくだけで良い、という手軽さも断熱雨戸の有効な点だと言えるでしょう。

また、夏場においても、外出前に断熱雨戸を閉めておくと、それだけで家の中の温度上昇をかなり防ぐことができますので、家に帰ってきたときの涼しさというのはかなり変わってきます。

当然、通常の雨戸としての役割同様、防犯のための役割としても機能しますし、防音効果もありますので、窓を二重窓にしていても断熱雨戸を取り入れるメリットは十分にあります。それにもかかわらずまだあまり普及していない理由は何なのでしょうか?

■少しの手間と費用は掛かるけど...エコな商品!

もちろん価格ということはあると思います。窓ガラスに加えて雨戸も取り付けることになるのですから、工事費も含めてプラスの費用になることは間違いありません。とはいえ、断熱雨戸自体はそれほど高額な商品ではありませんので、一概に価格だけが原因だとは思いにくい部分があります。

断熱雨戸が普及していない理由としてもう1点考えらえるのが、雨戸を開け閉めするという習慣が無くなってきた、ということがあるのではないでしょうか。その原因としてはやはりマンション住まいに慣れている方が多くなったということが挙げられます。

一般的にマンションにおいて雨戸を設置しているところは少なくなりました。ベランダの存在や断熱性能の向上などにより、わざわざ雨戸を取り付ける必要がなくなったということがあります。

そのため、一戸建てに住んで雨戸を開け閉めするメリットをあまり感じない、ということが多いのではないでしょうか?

確かに、外出するたびに雨戸を開け閉めするというのは結構手間になります。防犯という面にしても、雨戸に鍵をかけない限りはあまり意味がないモノだとも言えます。このように考えると、断熱雨戸というよりも雨戸自体が最近減ってきている理由もよく分かります。

しかし、少しの手間と少しの費用をかけるだけで、断熱効果の高い住宅に住むことができると考えたら非常に有効な商品なのではないでしょうか?エコな暮らしをするための必需品だとも言えるかもしれません。

もし断熱にこだわる、エコにこだわる、というように考えているのでしたら、一度断熱雨戸に関しても検討の土台に挙げてみてはいかがでしょうか。

断熱雨戸という選択肢まとめ
●断熱雨戸は、冬場は日が沈んでいる間は閉じておき、夏場は外出の際だけ閉めておくと非常に効果的
●断熱雨戸があまり普及しない原因としては、価格に加えて雨戸を開け閉めする習慣が無くなったことが考えられる
●断熱雨戸はエコな暮らしをするための必需品、かもしれない
理想の家づくりトップ > ベーシック > 設備編 > 断熱雨戸という選択肢