理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 断熱にこだわる!

断熱にこだわる!

断熱は、やるかやらないかだけではなく、どこに対する断熱を行うのかが重要になります。外断熱や内断熱、窓に対する断熱や、屋根の断熱、玄関扉の断熱、そして床断熱などなど、断熱にこだわるためには、どのようなことを考える必要があるか、ということを紹介していきます。

■壁や屋根だけの断熱では効果が弱い...

やはり夏は涼しく冬は暖かく過ごしたいから絶対に断熱にはこだわりたい、という方も多いのではないでしょうか。最近では断熱技術の向上もあり、断熱自体の知名度も高くなってきましたので、断熱は最低限、と考えている方も居られるでしょうね。

ただ、単に断熱と言ってしまっても、どこに対する断熱を行うのか、ということが重要です。

断熱する場所というのは色々あります。一般的な断熱として、壁に対する断熱である外断熱や内断熱、他にも窓ガラスやサッシに対する断熱ですとか、屋根の断熱、玄関扉の断熱、そして床断熱まで、様々あります。

当然のことですが、全てにおいて断熱を行う方がより効果は高いと言えるでしょう。逆に言うと、一部でも断熱を行っていないと、それだけ断熱効果が下がってしまう、と言うことができます。

とはいえ、やはり通常の施工に比べて断熱を施すことになると、どうしても費用は高くなってしまいます。そのため、一部だけでも断熱を、という方も多いのではないでしょうか。

■断熱にこだわるために最低でも壁・屋根・窓の3か所は断熱を...

やはり家の中の温度に大きく影響を与える部分というのは、面積に比例するものでもありますので、壁・屋根・窓の3か所になります。ですので、断熱のしっかりした家に住みたいのでしたら、少なくともこの3か所に関しては断熱をしておく必要があります。

もちろん壁だけ、ですとか、窓だけ、という風に一部分だけ断熱をしていても、多少の効果はあるのですが、あまり大きな実感を伴うほどの断熱効果を感じないものです。

壁・屋根・窓の3か所だけとはいえ、断熱処理を施せば、通常の施工に比べて百万円単位で費用が跳ね上がることになります。しかし、それだけの効果というのはありますので、もし断熱にこだわるのであれば、壁・屋根・窓(ガラスとサッシ両方)の断熱だけは行うようにしましょう。

多少費用は高くても、その分冷暖房費がかからなくて済みますので、支払った費用を取り戻すことも可能ですよ。

断熱にこだわる!まとめ
●一般的な断熱する場所としては、壁、窓ガラスやサッシ、屋根、玄関扉、床がある
●一部でも断熱を行っていないと、断熱効果が下がる
●家の中の温度に大きく影響を与える場所は面積に比例するため、壁・屋根・窓(ガラスとサッシ両方)の3か所になる
理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 断熱にこだわる!