理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > 断熱について

断熱について

家の一部にしか断熱を行っていないが故に、断熱性能が高い家に住んでいるはずなのに全然断熱効果を実感できない、そんな方もいます。理想の家づくりにおける断熱の重要ポイントである壁、屋根、窓について紹介していきます。

■壁だけの断熱だと意味がない!?

最近の家やマンションなどでは効果的な断熱を行っているため、夏は涼しく冬は温かい、というお宅はずいぶんと増えてきました。しかし、まだまだ古い家ですと、夏は非常に暑く、冬は凍えるように寒い、という家もまだまだ少なくありません。

そのようなおもいをしてきた方が、新しく家を建てるにあたって断熱をしよう、と考えられたのはいいのですが、断熱住宅を建てた結果、「せっかく高いお金をかけて断熱をしたのに全然断熱できていない・・・。」ということが現実問題としてよくあるのです。

なぜ、高い費用をかけて断熱を施しているのに、全然断熱効果が表れていないのでしょうか?その理由の一つとしては、断熱を家の一部にしか行わなかった、ということがあります。

断熱というのは家全体に対して行わないと意味がありません。先ほどの全然断熱できていない・・・、と感じられた方は、もしかしたら家の壁に対してしか断熱を施していなかったのかもしれません。

しかし、本当に効果的な家の断熱を施そうと思ったら、壁だけの断熱だとあまり効果はないのです。

■断熱は、最低限壁・屋根・窓の3点は行おう!

本当に効果的な断熱を行うポイントは3点、「壁」と「屋根」と「窓」です。これはどれか一つでも欠けたら、断熱効果は半減する、と思ってもらえばいいでしょう。

特に軽視される部分で多いのが、窓が軽視されてしまうようです。家の面積でいえば一番小さいのが窓ではありますが、家に一番熱を伝えやすいのも窓なのです。もちろん予算との兼ね合いもありますが、断熱効果の高い2重窓というものを検討してみることも大事です。

また、壁にしても、壁の色しか気にされない方も多いですが、壁というのは家を守る大きな存在ですので、理想の家づくりの始めの段階から断熱ということを意識したうえで外壁材を考えるのが重要です。

どうしてもキッチンやバスなど、毎日使うものばかりに費用をかけてしまい、壁や屋根、窓などは、あればいいぐらいの感覚であまり考慮されない方が多いのですが、家を建てた後に断熱をしようと思うと費用が余分にかかってしまう場合があるのです。

あなた自身の理想の家を建てるのですから、できるだけ快適に過ごすことができ、かつ手間のかからない家に住みたいものです。

家を設計する段階から壁・屋根・窓に対する断熱ということを考慮していれば家を建てた後に断熱について考えるよりも時間と費用を抑えることができます。ぜひ実践してください。

補足ではありますが、ただ断熱といっても、壁の場合ですと内断熱と外断熱、そして断熱材も塗装やボードなど色々あります。また、屋根にしても断熱ではなく遮熱や、窓ですと断熱ではなくUVカットなど色々あります。

それぞれ特徴がありますので、どんな効果を狙って施工するのか、ということを理解したうえで取り入れるようにしてくださいね。

断熱についてまとめ
●壁だけの断熱だとあまり大きな効果は見込めない
●大きな断熱効果を期待するためには、最低限壁・屋根・窓の3点の断熱が必要
●快適に過ごすために断熱は事前に考えておいた方がいい
●断熱にも内断熱や外断熱、遮熱など種類があるため、効果を見極めたうえで採用する
理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > 断熱について