理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 断熱材の種類を知っておこう

断熱材の種類を知っておこう

注目度が高くなってきた断熱材ですが、グラスウールや羊毛など断熱材の種類によって価格も機能も異なります。そんな断熱材の種類について一覧を紹介していきます。

■断熱材の種類によって断熱性能に大きな違いが!

現在の住宅においてはある意味必須ともいえる断熱性能ですが、やはり断熱材にもいろいろな種類があります。

内断熱、外断熱という種類はもちろんのこと、施工する場所も外壁や床など家全体を覆う必要がありますので場所により種類が変わってきます。

そして、断熱材の種類によっては、断熱性能に大きな違いが出てきますし、もちろん価格も大きく違ってきます。

そして、断熱をする際に気を付けたいのが壁内結露ですが、透湿効果の高い断熱材もあれば、結露しやすい断熱材もありますので、ただ断熱をするといっても、価格や期待する効果などを総合的に考慮した上で断熱材の種類を選ぶ必要があります。

■断熱材の一覧

価格も違いもあり、どれが最もいいということは難しいのですが、断熱材を選ぶ参考になるように、下記に断熱材の一覧を紹介しておきます。

断熱材の一覧
繊維系 無機系 グラスウール 安価で施工しやすいが、結露しやすく微量の化学物質が含まれている。
ロックウール
木質繊維系 セルロースファイバー 古紙などのがエコロジー原料の製品。やや高価になっている。
インシュレーションボード
発泡プラスチック系 押し出し発砲ポリスチレン 断熱性が高い。耐熱性も高いが、燃焼時の有毒性にやや難がある。
ビーズ法ポリスチレン
ウレタンフォーム
高発泡ポリエチレン
フェノールフォーム
天然素材系 ウール(羊毛) 結露しにくく環境や人体への影響が少ないが、価格が高い。
炭化コルク

これがすべての断熱材というわけではありませんが、大枠としては上記のように分かれています。

断熱できればどれでもいい、というわけではありませんので、自分の家に合った断熱材はどれなのかということを十分検討するようにしてくださいね。

理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 断熱材の種類を知っておこう