理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > DIYでエコ生活

DIYでエコ生活

日曜大工として一般化してきたDIYですが、上手にDIYすることで実はエコ生活へとつながってきます。では、なぜDIYとエコ生活がつながっているのか、そしてどのようなものをDIYで作っていけばいいのか、ということについて紹介していきます。

■DIY=エコ生活!結びつく!?

エコ生活をするためには多くのお金が必要だと考えている方も多いと思います。もちろん、本格的なエコ生活をしようと思ったら多くのお金が必要になる場合も無いとは言えません。しかし、お金をかけずにエコ生活をすることも可能です。

お金をかけずにエコ生活をするための手段の一つがDIYです。とはいえ、なかなかエコ生活とDIYは結びつかないかもしれません。もちろん節約という意味では結びつくでしょうが...。

DIYがエコ生活になり得る理由の一つとしては、再利用というキーワードが深くかかわってきます。

新しく何かを作ろうとすると当然材料が必要となりますが、その材料をもう使わなくなるものの再利用で活用することができれば、十分エコだということができるでしょう。

なぜなら、モノを廃棄する必要が無くなり、新しい資源の調達も必要とはしません。地球にもお財布にも優しいDIYこそが今の時代のエコ生活の象徴だと言ってしまってもいいかもしれません。

■太陽光発電もDIY可能!?

では、そのDIYにおいてどのようなものを作ることができるのでしょうか?

例えば、家の手すりなどはDIYで作りやすいかもしれません。手すりでしたら材料自体も調達しやすいということもあります。前の家の廃材でもいいかもしれませんし、加工の仕方によっては物干しざおでもいいかもしれません。

また、なかなかDIYで作るというイメージは持ちにくいかもしれませんが、太陽電池さえ手に入れることができれば太陽光発電自体をDIYで手作りするという手段も有ります。

セルフビルドで家自体を全部自分で立ててしまう人もいるぐらいです。やろうと思えばどんなものでもDIYで作ることができます。

エコ生活をしたい人、費用を押さえたい人、色々な理由があると思います。

しかし、少し自分でやってみるという意識を持つだけで費用も抑えることができ、エコ生活を送ることができるかもしれませんので、DIYという手段も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

DIYでエコ生活まとめ
●もう使わなくなった材料を再利用してDIYすることでエコ生活になる
●手すりやベンチ、テーブル、太陽光発電など、DIYで作ることができるものは数多くある
理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > DIYでエコ生活