理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 不動産業者との付き合い方は?

不動産業者との付き合い方は?

良い土地を見つけるためにも不動産業者との付き合い方が大事になってきます。土地の売買における不動産業者、特に営業マンとの付き合い方を紹介していきます。

■賃貸仲介専門と売買仲介専門では大きく異なる!

家づくりを土地探しから始める方にとっては、不動産業者との付き合い方が大事になってきます。

一人暮らしをしていた方などにとっては、賃貸仲介専門の不動産業者などに行ったこともあるでしょうから、不動産業者との付き合い方なんて、と思ってしまう方も居られるかもしれません。

しかし、賃貸における不動産業者との付き合いと、売買における不動産業者との付き合いは大きく変わってきます。不動産業者としても入ってくる仲介手数料も大きく変わってきますので、当然ながら違いが出てきます。

まずそもそも不動産業者といっても、賃貸仲介専門であったり売買仲介が専門であったりと得意分野を持っていますので、土地の売買仲介が得意な不動産業者を探すということが必要になります。

賃貸仲介を専門に行っている不動産業者に家を建てる為の土地を探してもらってもあまり大した土地は出てきません。

そして、不動産業者も仲介手数料が大きい分だけ役割が変わってきます。賃貸仲介の場合ですとほとんどが物件紹介だけで終わりますが、土地の売買の場合ですと、物件の査定や最適な住宅ローンの提案、契約のサポートや確定申告のサポート、売却相談など、幅広く対応してもらえます。

もちろん不動産業者により対応が大きく異なる部分はあるとはいえ、賃貸仲介に比べるとより長い付き合いをしていくことになります。

■不動産業者とも結局は営業マンとの関係が大事!

とはいえ、やはり実際に土地探しのやり取りをするのはあくまでも営業マンですので、営業マンとの関係を作るということは心掛けるようにしましょう。

やはり営業マンにとってもいいお客にいい情報を提供したいと思うものですので、営業マンとの関係を築く努力は行いましょう。そのためにも営業マンを見極める、ということもお忘れないように。

そして、営業マンから紹介された物件は、できるだけ現地へ見に行くようにしましょう。その上で紹介された物件を断る場合は、次の紹介に活かすためにも、良い点はどこだったか、そしてどこが悪かったから断るのか、ということを明確に伝えるようにしてください。

そのように、できるだけ細かい情報を営業マンに伝えておくと、希望に近い物件を紹介してくれるようになります。

不動産業者との付き合いとはいえ、結局のところは人と人との付き合いになります。出来るだけ誠心誠意をもって付き合っていけば、相手も応えてくれるものですので、不動産業者の役割を知っておいた上で誠意をもって付き合っていくようにしましょう。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 不動産業者との付き合い方は?