理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > フラット35のデメリットとは?

フラット35のデメリットとは?

イメージ先行ですが、どうしてもフラット35はお得というイメージがつきまとうものです。しかし、当然のことながら何でもメリットがあればデメリットもあるものです。フラット35のデメリットにはどのようなものがあるのかについて紹介していきます。

■フラット35ならではのデメリットというものも...

フラット35はお得?」では、フラット35のメリット部分について紹介していきました。また、他にも今では頭金なしで借りることが出来たり、借り換えとしても利用できたりと、メリット部分としては大きいものがあります。

とはいえ、当然フラット35にもデメリット部分もあります。メリット部分だけではなく、デメリット部分も理解したうえでフラット35を利用するかどうかを選択するということが非常に重要なことになります。

では、フラット35のデメリットとしてはどのような点があるのでしょうか?

まず挙げられる点としては金利を確定できないという点です。これは何もフラット35に限った話ではなく、銀行独自の住宅ローンでも同じ場合があるのですが、フラット35では金利の確定が申し込み時点ではなく、融資実行時点という点があります。

つまり、実際に金利が確定する際には申込時の金利よりかなり高くなってしまっている可能性があるということです。住宅ローンを借りる上で金利というのは非常に重要な要素ですから、その金利が不透明というのは非常に大きなデメリットであると言わざるを得ないでしょう。

■団体信用保険に別途加入する!?

次のデメリットとして、団体信用保険には別途加入が必要だという点です。通常の住宅ローンであれば、団体信用保険への加入は必須となっていますので、費用も金利に加えられており、利用者としての別途負担はありません。

しかし、フラット35では別途加入しなければならないため、毎年保険費用が必要となります。

にもかかわらず、団体信用保険の保険料はそれなりな金額になりますので、仮に金利が安かったとしても結果的に通常の住宅ローンとあまり変わらないという結果になってしまうことがありますので注意が必要です。

他にも、銀行によって融資手数料や適用金利が異なってきますので、場合によっては通常よりも割高になってしまうということもあります。

だからこそ、「住宅ローンにも比較検討は必要」でも紹介している通り、比較検討するということを忘れないことが大事になるのです。

このように、フラット35というとついついお得なイメージだけが先行してしまいがちですが、必ずしも得なことばかりではなく、見過ごしてはならないデメリット部分というのもあります。

だからこそ、冷静にメリットもデメリットも見極めることができれば少しでもお得に住宅ローンを借りることができるようになりますよ。

フラット35のデメリットとは?まとめ
●フラット35のデメリットとしては、融資実行まで金利を確定できないという点、団体信用保険には別途加入が必要だという点、融資手数料や適用金利次第で通常より割高になってしまうことがあるという点などがある
理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > フラット35のデメリットとは?