理想の家づくりトップ > ベーシック > 住宅地編 > 学校は?(住宅地編)

学校は?(住宅地編)

住宅地においては大きな図書館があるなど教育面が整っている場合が多いのですが、保育園や幼稚園の数など注意する面もあります。住宅地の学校のいい面悪い面を紹介していきます。

■住宅地の教育環境は整備されている!

それでは、住宅地における学校について考えていきましょう。

当然住宅地ですから、近くに学校はありますので、学校に通うことが不便ということはあまりないと思われます。また、意外に塾も近くに多くありますので、子供の教育環境、という意味において住宅地は困ることはないでしょう。

また、住宅地の場合、大きな図書館がある場合が多いです。都心の場合、土地の関係上あまり大きな図書館を作ることはできませんが、都心から少し離れた住宅地の場合ですと、税金も大きいこともあり、大きな図書館がある町は多いです。

無料で使える図書館というのは、子供はもちろん大人も重宝しますので、自分が住もうと思っている地域の図書館についても、一度調べてみてはいかがでしょうか?

■保育園の数と、空き状況にはご注意を...

あと、子供が小さい家庭の場合調べておいてほしいのが、住宅地にある保育園や幼稚園の数です。住宅地は当然人が多く住んでいますので、保育園の数が足りず、待機児童が増えているのも住宅地です。

子供を預ける予定がないのであれば問題ないのですが、もし子供を保育園に預けよう、問い考えているのでしたら、住む地域の保育園の数と、空き状況については、必ず調べるようにしておいてください。

少し話がそれてしまいましたが、子供の学校、教育環境という意味でしたら、住宅地においては整備されていますので、困ることはないと思いますが、少なくとも自分が住もうと思っている住宅地の学校、図書館、保育園や幼稚園に関しては事前に下調べしておくことをお勧めします。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 住宅地編 > 学校は?(住宅地編)