理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 業者の見極め方

業者の見極め方

一生に一度しか経験しない家づくりだからこそ失敗したくない。その家づくりにおいて成功・失敗の鍵を握ることになる業者を見極めるために重要な、人を見て、組織を見て、現場を見る、ということについて紹介していきます。

■人を見て、組織を見て、現場を見ることが重要!

家づくりというのは非常に大きな費用が必要となってきます。そのため、ほとんどの方は一生に一度しか経験することができないものです。

つまり、一度失敗してしまうと、次に失敗した経験を活かす、ということができないのが家づくりとも言えます。

そうであれば、やはり一回目の家づくりから失敗をしないようにしておきたいものです。

失敗する原因の大部分を占めているのが、パートナーとなる業者選定を間違えた、ということにつきます。

当然施主側は初めて行う家づくりですから、分からないことだらけだと思います。その施主に対して上手にリードすることができなかった業者が家づくりにおいて大部分の責任を負っている、と言うことができるでしょう。

家づくりにおける施主の責任としては、どんな業者をパートナーとして選んだか、ということにもなります。

では、どうすればその大事な業者選びにおいて、信頼できる業者を見極めることができるのでしょうか。信頼できる業者を見極めるためのキーポイントはいくつかあります。

大事なのは、人を見て、組織を見て、現場を見る、ということです。

具体的に説明していきますと、まず、人を見るという部分ですが、当然営業マンの態度というのは当然重要です。

しかし、営業マンだけではなく、設計や施工を担当する担当者からも話を聞くようにしてください。そして、各々の担当者が施主側の意向を考慮してくれているか、そして分かりやすく説明してくれるかどうか、というところを確認するようにしてください。

営業マンは当然施主と話をするのが仕事ですので、こちらの要望を聞いてくれますし、分かりやすい話で伝えてくれます。しかし、えてして営業マンはできないことまでできる、と言ってしまいがちになります。

そのため、設計や施工の担当者に要望を伝えたうえで、要望を考慮してくれるのか、そして技術的に可能なのか、その理由も含めて分かりやすく説明してくれるか、ということを確認するようにしてください。

こちらの要望を汲んで分かりやすく説明してくれる業者は信頼できる、と言っていいでしょう。

■業者との契約は焦らずに時間をかけて...

次に、組織を見る、という部分ですが、情報をオープンにしてくれるか、という部分を確認するようにしてください。具体的には、設計図書をしっかりと規定枚数提出してくれるか、ということ、更に重要なのが詳細な見積書を全て提出してくれるか、ということです。

見積書に関しては、一式表示で細かい内訳を提示しない業者がまだまだ多い部分があります。

何十枚の見積書になってしまいますが、詳細な内訳金額を提示してくれるかどうかというのは、組織の姿勢として見ることができますので、特に見積書は注意して確認するようにしてください。

ちなみに、人が原因の場合や組織の原因の場合の両方があるのが、やけに契約を急がせる、というのがあります。

まだ何も決まっていない契約を施主に急がせる場合というのは大きく二つ考えられます。

一つは営業マンが歩合制のため少しでも早く契約が欲しい場合、そしてもう一つが会社の資金繰りが苦しくなってきている場合です。どちらにしても、まだ施主が納得していない段階で契約を急がせる業者は選択しない方がいいでしょう。

それでは最後に、現場を見る、ということについてです。

現場を見る、というのは、そのままですが、契約しようとしている業者が今現在動いている工事現場を見せてもらう、ということです。

工事の雰囲気を知るだけで、どんな会社か、ということは伝わってきますし、少なくとも現場はきれいにしているかどうかということは分かります。

現場に力を入れている業者なのかそうでないかというのは現場を見ればすぐにわかります。出来れば営業担当者に場所だけ教えておいてもらって抜き打ちで見に行く方がいいでしょう。

家づくりのために業者を選ぶ際は、人を見て、組織を見て、現場を見て、その上で納得できた場合だけ契約するようにしましょう。

無理に急いで契約してしまっても得なことなどありません。後々後悔しないためにも、業者選びは時間をかけて納得できてから契約するようにしましょうね。

業者の見極め方まとめ
●家づくりにおける施主の責任としては、どんな業者をパートナーとして選んだか、ということ
●信頼できる業者を見極めるためのキーポイントは、人を見て、組織を見て、現場を見る、ということ
●業者選びは急いでも得なことなどないので、時間をかけて納得できるまで契約しない
人を見る ●営業マンだけではなく、設計や施工を担当する担当者からも話を聞く
●設計や施工の担当者は、要望を考慮してくれるのか、そして技術的に可能なのか、その理由も含めて分かりやすく説明してくれるか、ということを確認する
組織を見る ●情報をオープンにしてくれるか、という部分を確認する
●具体的には、設計図書をしっかりと規定枚数提出してくれるか、詳細な見積書を全て提出してくれるか、ということを確認する
現場を見る ●契約しようとしている業者が今現在動いている工事現場を見せてもらう
●現場に力を入れている業者なのかそうでないかというのは現場を見ればすぐにわかる
理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 業者の見極め方