理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 業者選定は価格だけで判断しない

業者選定は価格だけで判断しない

業者選定を行うためには、複数の業者から見積もりを取る必要があります。しかし、業者選定は価格だけで判断しないようにすること、判断するための重要な要素について紹介していきます。

■相見積もりの目的は安い業者を探すだけではない

業者選定をすることになれば、複数の業者に相見積もりをお願いすることになると思います。

しかし、相見積もりを行う目的を間違えないようにしてください。相見積もりを行う目的は少しでも安い業者を探す、ということだけではありません。もちろん、同じ工事をしているのであれば、安いに越したことはありませんので、目的から外れているわけではないのですが、他にも目的があります。

それは、複数の見積書を手に入れることで、各業者の見積書の矛盾点を探す、ということです。複数の見積書を比較検討していると、他社に比べて極端に金額が高いところや安いところ、他の会社にはある項目が別の会社ではない項目がある場合などがあります。

これら見積書の矛盾点を見つけ出す、ということが何よりも大事です。見積書は契約内容にかかわる重要な書類ですので、この見積書に不備があり、それに気づかないまま契約をしてしまうと、家が完成後にこんなはずじゃなかったのに、ということになってしまいます。

ですので、見積書の矛盾点が無いかどうかは時間をかけて調べるようにしてください。

■安かろう悪かろうにならないために・・・

また、単純な価格の安さに惑わされないようにしてください。材料はどのような材料を使っているのか、そしてどのような人が施行や監理を行うのか、ということまで確認するようにしてください。

価格を下げるために、極端に安い安物の材料を使っている場合や、人工賃が安い若い職人や現場監督が施工・監理を行うことになっていることがあります。しかし、それでは安かろう悪かろうになってしまいがちです。

せっかく高額な費用を支払うにもかかわらず、結果的に満足できない家になってしまっては元も子もありません。価格を安く抑えるということ自体は大事なことですが、価格だけに目がくらんで大事な部分を見落とすことが無いように気を付けてくださいね。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 業者選定は価格だけで判断しない