理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > ホームインスペクターってどんな仕事?

ホームインスペクターってどんな仕事?

ホームインスペクターというお仕事をご存知でしょうか?欠陥住宅を見抜いたりなど住宅を診断する仕事なのですが、実際にどのようなことをしているのか、ということを紹介していきます。

■ホームインスペクターは住宅診断士!

ホームインスペクターのことを知っているでしょうか?ホームインスペクターズ協会ができたのもまだまだ最近ということもあり、まだまだ一般的には普及しているとは言えないでしょう。

そのホームインスペクターとは、住宅購入希望者が欠陥住宅を購入しないように、住宅を診断し、欠陥が無いかどうかなどを調査する専門家のことです。

元々新築の場合は建築途中に建築家などが行っている場合もあったのですが、資格としてホームインスペクターが設立されたのは、中古物件に対して住宅診断を行う専門家がいなかった、ということからホームインスペクターが設立されるようになりました。

このように、新築で建築士に工事監理まで依頼している場合はある程度安心することができ、わざわざ住宅診断する必要がないことも多いのですが、やはりハウスメーカーや工務店に依頼して第3者的な工事監理者がいない場合には欠陥住宅に関する心配が出てきてしまいます。

■安心・安全な家に住むためにも住宅診断は非常に重要!

そのため、欠陥住宅の心配を取り除くための一つの手段として、住宅の竣工検査の際にホームインスペクターに一緒に立ち会ってもらい、欠陥がないかどうかを調査する、ということも選択肢の一つに入ってきます。

家が完成してしまってから欠陥を見つけてしまっても遅いという部分はあるのですが、もし欠陥があるのであれば発見するのは早いに越したことがありません。この竣工検査で不具合を発見しなければ、次に欠陥が見つかるのは住むうえで不具合が生じた時になります。

そうなってからでは遅すぎることになりますので、住宅に対する不安を取り除くための一つの手段として、ホームインスペクターに欠陥がないか住宅診断を依頼する、ということも選択肢の一つに入れてはいかがでしょうか。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > ホームインスペクターってどんな仕事?