理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 埃の原因と対策

埃の原因と対策

家によっても埃っぽい家とあまり埃を感じない家とがあります。なぜこのような違いがあり、家のなかに埃がたまってしまうのでしょうか?埃がたまってしまう原因は何なのか、そして埃がたまらない家にするための対策は何かについて紹介していきます。

■なぜ家のなかに埃がたまってしまうのか?

家で生活している以上、家のなかにほこりがたまること自体は仕方がないことかもしれません。

しかし、埃とはいえ体に良いものでありませんので、少しでも少なくできるものであれば少なくするに越したことはありません。

まずそもそもとしてなぜ家のなかに埃が発生するのでしょうか?

埃が発生する原因としては、家の外から埃が入ってくる場合と、家のなかの布団繊維などがほつれて埃になる場合とがあります。どちらの方がより多いと言うことはできませんが、少なくとも埃が全く発生しないようにすることというのは非常に難しいことではあります。

では、埃の被害を少なくするためには常に空気清浄器を動かしておくしかないのかというと、そうゆうわけでもありません。しかるべき対策を取りさえすれば埃に苦しむこともありません。

■少しの対策で被害は激減!

まず認識しておかなければならないこととして、埃自体はほぼ間違いなく発生してしまうということです。その上で大事なのは、発生した埃を舞い散らさないことが大事になってきます。

埃が家のなかで舞い散る原因としては、やはりエアコンなどの空調であったり、掃除機などを動かすことで空気の対流が起こることで部屋の中で埃が舞い散ることとなります。

であれば、埃が舞い散らないためには、空調を使わなくても済むように高断熱の家にすることであったり、掃除機ではなくクイックルワイパーなどで掃除ができるフローリングにする、というだけでも埃の拡散度合いは大きく変わってきます。

もちろんそれだけで完全に埃の被害を無くすということは難しいかもしれません。しかし、私自身埃アレルギーを持っていますので、いかに埃を舞い散らさないかということは常に非常に重要な問題として認識してきました。

だからこそ感じることとしては、少しでも埃が舞い散ることを少なくすることで掃除の回数を少なくすることが出来たりしますし、埃アレルギーを持っている方にとっては被害を小さくすることができます。

たかが埃ではありますが、埃が発生する原因を知り、ちょっとした対策を取るだけで埃の被害をかなり少なくすることができますので、是非参考にしてみてください。

埃の原因と対策まとめ
●埃は、家の外から埃が入ってくる場合と、家のなかの布団繊維などがほつれて埃になる場合とがある
●エアコンなどの空調であったり、掃除機などを動かすことで空気の対流が起こり、部屋の中で埃が舞い散ることになる
●空調を使わなくても済むように高断熱の家にしたり、掃除機ではなくクイックルワイパーなどで掃除ができるフローリングにするだけでも埃の拡散はかなり防ぐことができる
理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 埃の原因と対策