理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > 本体工事費に含まれない費用とは?

本体工事費に含まれない費用とは?

家づくりに関わる費用の中で本体工事費に含まれない費用としては付帯工事費や諸費用などがあります。本体工事費に含まれない費用はどのような費用があるのかを紹介していきます。

■家づくりの総額が分かりにくい理由とは...

『本体工事費にどのような工事が含まれているか、ということは分かったけど、本体工事費に含まれない費用ってどんな費用があるのだろう?』

このように思われて当然です。

家を建ててもらうことになる業者さんも、全ての費用を全込みで見積もりを出してくれたらいいのに・・・、と思われることもあるでしょう。

もちろん、業者によってはすべて含めて提示してくれる業者もありますが、通常このように費用が分かれているのも当然です。なぜなら、費用を払う先が変わってくるのですから。

本体工事費にはどのような費用が含まれる?」のページで、家を建てる為に必要な費用として、大きく分けて本体工事費、付帯工事費、諸費用、設計費用・監理費用、といった費用があるというお話をし、本体工事費の詳細については紹介しました。

■支払先が違うため全ての費用の見積もりは難しい...

そして、付帯工事費に含まれる費用には、専門会社によるガス工事や、外構・造園工事、地盤補強・改良工事費、照明・カーテン工事費などが含まれています。

そして、諸費用には、建築確認申請費や、ローン手数料、敷地・地盤調査費や保険料、引っ越し費用などなどが含まれています。

そして、当然別途建築家や設計事務所に設計をお願いしていたら設計・監理料が必要になります。

これらの費用というのは、家を建てた会社以外に支払う費用ですので、支払先が変わってきます。そのため、建築会社としては、自分たちの収益になるわけではないので、全てをコミコミにした見積もりを提出することできないのです。

とはいえ、当然本体工事費以外にどのような費用がどれぐらい必要になるか、ということは教えてくれますよ。

ただ、本体工事費とはあくまでも家づくりにかかる費用全体の7~8割程度である、ということを認識して予算計画を立てるようにしてくださいね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > お金の話シリーズ > 本体工事費に含まれない費用とは?