理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 標準仕様とオプションの違いを把握しておく

標準仕様とオプションの違いを把握しておく

モデルハウスに行くと非常に豪華な設備が揃っており、夢が膨らみます。ただ、モデルハウスの標準仕様とオプションの違いを把握しておく必要がある、ということについて紹介していきます。

■モデルハウスは標準仕様の住宅ではない...

家づくりをするにあたって、自分が作りたい家のイメージを固めるためにも、実際にモデルハウスに行くということは非常に大事なことです。

とはいえ、いきなり予備知識もなしにモデルハウスに行ってしまうと、あまりの豪華な造りに圧倒されてしまうでしょう。

ハウスメーカーとしても当然自社の住宅に興味を持ってもらい契約してもらうためにも、少しでも魅力ある住宅にするために豪華に作っています。しかし、豪華な造りということは、あくまでも標準仕様の住宅ではない、ということです。

当然、モデルハウスにて展示されている住宅と全く同じ住宅を作ろうとした場合は、非常に高額な住宅となってしまいます。

つまりモデルハウスで展示されている住宅のほとんどの部分が標準仕様ではなくオプション仕様となっている、ということです。

■モデルハウスではどの設備がオプション仕様か確認しよう!

坪単価○○万円、という形でハウスメーカーはよく売り出していますが、本体工事費だけで、且つ当然標準仕様での価格となりますので、実際に家づくりをしてオプション仕様を多く組み込んでしまうと初めに提示された金額と大きく乖離してきます。

別にハウスメーカーとしても嘘をついているわけではありませんので、施主側で惑わされないことが大事になります。

そのためにも、モデルハウスで住宅見学をする場合は、どの設備が標準でどの設備がオプションなのか、ということは都度営業担当者に確認するようにしましょう。

ある種モデルハウスというのは夢の空間であり、現実とは異なります。現実の落としどころを知るためにも、どのような設備が標準として組み込まれているのか、どのような設備がオプション仕様なのか、ということは知っておくようにしてくださいね。

理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 標準仕様とオプションの違いを把握しておく