理想の家づくりトップ > ベーシック > 田舎編 > 田舎のいい面

田舎のいい面

田舎では自然の多さや野菜のおいしさ、スローライフなど、都心では味わえない魅力が多くあります。そして何よりも広い土地を取得できる可能性が高いです。田舎におけるいい面としてはどのようなことがあるかを紹介していきます。

■田舎は自然が豊かで食べ物がおいしくストレスが少ない!

ここでは、田舎に住むことのいい面を考えていきましょう。一時期日本で田舎に住むことがブームになったこともあり、今でも田舎に住むことへの憧れを持っている方は多いのではないでしょうか?

まず、田舎に住むことの良い面としては、なんと言っても自然が豊かです。これは都心では味わえない環境でしょう。そして、水がきれいで野菜などの食べ物がおいしい、という利点があります。

このような利点が田舎に住んでみたくなる最も大きい理由ではないでしょうか?

自然に囲まれていることで余計なストレスがかかることはありませんし、子どもが遊び、育ち成長するうえで自然を知ることができるのは非常に大きいと言えるでしょう。

また、あなたが今までスーパーで買った野菜しか食べたことがなければ、採れたての野菜を食べることができるというのは非常に大きな魅力になると言えます。

■スローライフを実現するには田舎が最適

他には、当然場所にもよるのですが、意外と近くに有名な温泉地があったりします。日本人であれば、温泉が好きな方は多いですね。それだけでも大きな魅力なのではないでしょうか?

また、田舎の生活は周りもアクセクしていませんので、都心の時間に追われた生活をしている人にとっては、スローライフは憧れる点でもあります。

他にも、都心と比べていい点としては、日々の生活費が都心に比べて安い、ということが言えると思います。

また、当然、都心に比べたら地価が圧倒的に安いため、土地も住宅も都心と比べて広いという点は田舎にとって大きな良い面なのではないでしょうか?

都心のアクセクした生活に疲れている人にとって田舎暮らしというのは非常に魅力的に映ると思いますし、田舎暮らしの大きなメリットと言えるでしょう。

田舎のいい面まとめ
●田舎は自然が豊かで水道水や野菜など食べ物がおいしい
●近くに有名な温泉地がある場合もある
●スローライフを実現しやすい環境
●生活費や地価が都心に比べて安い
理想の家づくりトップ > ベーシック > 田舎編 > 田舎のいい面