理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 色にこだわる!

色にこだわる!

家でこだわる色の部分といえば、大きくは内装と外壁や屋根などの外装の二つに分かれます。色にこだわるためには、どのようなことを考える必要があるか、ということを紹介していきます。

■外壁の色は身近な分だけこだわりが強くなる...

自分の家では絶対に色にこだわる、という方は多いと思います。特に、最近では色彩検定やカラーコーディネータの資格を持っている方も増えましたので、色には特にこだわる方が多いのではないでしょうか。

家でこだわる色の部分といえば、大きくは内装と外壁や屋根などの外装の二つに分かれます。

ただ、内装の場合は家具や装飾によっても変わってくる部分があるため、ここでは一度決めてしまうとなかなか変えづらい外装に関して考えていきたいと思います。

外装の中で、特に色が大きな影響を持つ部分といえば、やはり外壁になります。

誰しもが、街を歩いていると、センスがいいと思える家の色や、違和感を覚える家の色を見たことがあるのではないでしょうか。身近にサンプルがある分、自分自身のこだわりが強く出る部分かもしれませんね。

とはいえ、あらかじめ自分の好きな色が決まっているからといって、すぐに色を決めてしまわずに、必ず見本板で外壁の色を確認するようにしてくださいね。自分のイメージしている色と見本板の色がずれていると、完成後に後悔することになってしまいますからね。

■見本板と完成した家の色が違うことも!?

ただ、見本板においても気を付けることがあります。

見本板というのは基本的に小さい板です。

その見本板の小さい板で見る色と、実際に壁全体で見ることになる色は微妙に違ってきます。壁全体でみると見本板で見るよりも多少明るく見えるため、見本板の段階で自分のイメージよりも少し暗めの色を選んでおく、ということが必要です。

また、外壁の色において気を付けておきたいこととしては、外壁の色だけではなく、屋根の色、玄関扉の色との統一感を取るようにする、ということです。もし外塀もあるようであれば、外塀の色も関係してきます。

家というのは壁なら壁だけ、屋根なら屋根だけで見る、ということはほとんどなく、家全体をなんとなくぼんやりと見ることがほとんどです。

そのためにも、家全体の統一感を取った色にする、ということが重要ですので、色を考える際は壁なら壁だけではなく、壁や屋根、玄関扉などと一緒に考えるようにしてくださいね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 色にこだわる!