理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で

自分でできることは自分で

費用を抑えるという点においても、理想の家づくりという点においても、どちらにおいても非常に重要な視点である自分でできることは自分で行うということについて紹介していきます。

■自分で家を作る、という意識が大事!

では、「自分でできることは自分で」という点について考えていきましょう。これは、費用を抑えるという点においても、理想の家づくりという点においても、どちらにおいても非常に重要な視点です。

当然設計図を書いたり、実際に工事をしたりといったことは専門の方に任せるほうがいいに決まっています。

ただし、自分ができることまで人任せにしてしまうと、当然その分の人件費はかかってきますし、他人が行うことに対して良いのか悪いのかの判断がつかなくなってしまいます。

そのため、業者に言われるままに設計・工事を進めてしまい、住んだのちに異変に気づいてしまうということになってしまいます。できるだけ自分で家を作る、という意識をもって自分でできることは自分で行うようにしてほしいと思います。

■ショールームに行くなど自分でできることはたくさんある!

具体的には、キッチン・風呂の設備はショールームに行き、説明を聞き、違いを調査する。これは外装、特に外壁や屋根についても同様です。

また、土地探しにおいては必ず現地に行き、できれば現地に住んでいる人の話を実際に聞く。その地域の人の話を聞いているかいないかは大きな違いです。

他には、家の間取りを作ってみる。これは設計図などにする必要は全くありません。紙に絵で描いてもいいですし、最近では便利なフリーのソフトもネット上には溢れています。

間取り作成おすすめソフト」でも紹介していますが、一例をあげると、「Google Sketch Up」などがあります。こちらは無料でダウンロードできますし、使い方も非常に簡単なので、一度使ってみることをお勧めします。

このように、自分ができることは意外に多くあり、また自分で行うことですんなり進めることができ、費用を抑えることができ、実際に家を建てた後の満足度が変わってきますので、是非自分でできることはできるだけ自分で家づくりを行うようにしてください。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で