理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 次世代省エネルギー基準とは?

次世代省エネルギー基準とは?

最近になって次世代省エネルギー基準という言葉が注目されるようになってきました。この次世代省エネルギー基準とは何を意味するのかについて紹介していきます。

■次世代省エネルギー基準をクリアする住宅とは高断熱・高気密住宅のこと!

エコの意識の高まりから、次世代省エネルギー基準という言葉を聞いたことがある方は増えてきたかもしれませんね。

とはいえ、まだまだ「次世代省エネルギー基準とは何?」という方も多いと思います。

次世代省エネルギー基準とは、平成11年3月に通産省と建設省から改正告示された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」及び「同設計及び施工の指針」のことです。要は、住宅における省エネルギーを実現するためにクリアすべき基準を明示した、ということです。

そして、この基準をクリアする住宅というのは、いわゆる高断熱・高気密住宅のことになります。

■次世代省エネルギー基準が普及するには問題が多い...

とはいえ、まだまだこの基準をクリアするということ自体は強制ではなく、任意のため、まだまだ全ての住宅に次世代省エネルギー基準を適用するということには至っていません。

エコの意識が高まってきているとはいえ、当然すべての人が同じぐらいエコに対する高い意識を持っているわけでもありませんので、通常施工より高くなる高断熱・高気密住宅にするということは難しいのでしょう。

とはいえ、当然高断熱・高気密住宅の場合ですと、通常の住宅に比べて冷暖房費が安く済みますので、トータル的に考えれば安くなる、ということはあると思います。

また、高断熱・高気密住宅が無条件で良いわけではないということもまだ普及しきれない要因の一つでしょう。

高断熱・高気密住宅の技術がもう一段上に上がって、且つ価格的にももう少し安くなってくれば、高断熱・高気密住宅が一気に普及して次世代省エネルギー基準をクリアする住宅が増えていくことになるかもしれませんね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 次世代省エネルギー基準とは?