理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりに関わるその他気になること > カーシェアリングの活用で駐車場いらず

カーシェアリングの活用で駐車場いらず

最近では、都心に近ければ近いほど、そして年齢が若い人ほど車を持たないという方が増えてきました。車を所有しなくても、使いたいときに車を利用することができるために利用が広がっているカーシェアリングのメリットについて紹介していきます。

■カーシェアリングの活用は広がっている!

車を持っている方にとっては、新しく作る一軒家のどこに駐車場スペースを作るかというのは非常に重要な問題になります。出入りしやすい庭にカーポートを置いて駐車場とする場合もあれば、広いガレージを作るという場合もあるでしょう。

どちらにしても車を持つという選択を取っている以上、家に駐車場は必要となります。

しかし、車を持たないという選択肢もあるのではないでしょうか?とはいえ、もちろんいきなり全く車を使わなくする生活を送ることは難しいと思います。そのような方にとって有効に活用してほしいのがカーシェアリングです。

もうずいぶん普及してきましたので、ご存知の方も多いと思いますが、カーシェアリングとは、1台の自動車を1人が所有するのではなく、複数のメンバーが共同で利用する自動車の新しい利用形態のことです。

まだ完全に日本全国どこでもというわけにはいきませんが、それでもかなりの地域で不便なくカーシェアリングを利用できるぐらいには普及してきています。

特に東京や大阪などの地域ではかなり普及してきていますので、都心であればあるほどカーシェアリングという選択肢を取りやすくなっています。

■あまり車を使わない方にとってはかなりお得!

このカーシェアリングという制度は、車を頻繁に使うヘビーユーザーにとってはあまりお得な制度とは言えません。しかし、週に1~2回程度しか使わない方にとっては、税金やガソリン代などの維持費を考えるとかなりお得に車を使うことができる制度になっています。

もし毎日通勤で車を使っているという方でしたらマイカーからカーシェアリングに変更するのは辛いかもしれませんが、もし2台持っていて1台をそれほど使っていないのでしたら、1台はカーシェアリングを活用するという選択肢を取ってみてもいいのではないでしょうか?

まったく使わないわけではないけれども、月に数回程度しか車を使わないという方にとっては、カーシェアリングを有効に活用することによって車の維持費をかなり抑えることができます。

そして当然自分の家に駐車場を作る必要がありませんので、駐車場のための土地をまた別の用途として有効活用することができます。

車の利用には常に燃料の確保が必須となります。しかし、災害時に燃料の確保が非常に難しいことが東日本大震災で明らかになりました。また、震災時に電車が止まってしまうと、帰ることができない人が多くなるということも明らかになりました。

だからこそ今後利用者が増えてくると思われるのが「自転車」の活用です。

自転車を活用するようになると、あまりマイカーを持ち続ける必要を感じなくなってきます。それこそ、ときどき使いたいときだけ使うことができれば問題ありません。

だからこそ今後カーシェアリングの活用が広がっていくことが予想されます。カーシェアリングがより一層広がっていけば、より使いやすく、便利になるでしょう。

家の空間を有効に活用するために、少しでも無駄な費用を抑えるために、地球環境のために、マイカーをやめてカーシェアリングという選択肢を考えてみてもいいのではないでしょうか。

カーシェアリングの活用で駐車場いらずまとめ
●カーシェアリングとは、1台の自動車を1人が所有するのではなく、複数のメンバーが共同で利用する自動車の新しい利用形態のこと
●月に数回程度しか車を使わないという方にとっては、カーシェアリングを有効に活用することによって車の維持費をかなり抑えることができる
理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりに関わるその他気になること > カーシェアリングの活用で駐車場いらず