理想の家づくりトップ > ベーシック > 必要設備 > 各部屋の広さは?

各部屋の広さは?

当然部屋によって必要となってくる広さというのは変わってきます。寝室や子供部屋、ウォークインクローゼットなどの各部屋はどれぐらいの広さが必要になるかについて紹介していきます。

■主寝室はベッドか布団かで広さが変わる...

さて、それでは各部屋の広さについて考えていきましょう。当然部屋によって広さは変わってくると思います。主寝室や子供部屋、客間、リビング、書斎などなど。ここでは、主寝室と子供部屋の広さについて考えていきましょう。

まずは主寝室について。一般的にベッドを2つ置くのであれば、6帖~8帖程度。本当に寝るだけのスペースであれば6帖で十分なのですが、鏡台や机などを置くのであれば、出入り口のスペースなども考慮して、やはり8帖は欲しいでしょう。

もし、ベッドではなく、布団を敷いて寝るのであれば、6帖あれば十分かもしれません。あまり寝るしか使わないのに無駄に広くても、掃除が大変になるだけですしね。

■子供部屋は分割も考慮して広めに取っておこう!

それでは次に子供部屋について考えていきましょう。子供部屋については、「子供部屋は必要?」や「将来の分割を考慮に入れた子供部屋の設計における注意点」でも紹介していますが、もし1部屋しか用意せず、将来分割するということを考慮すると、広いほうがいいでしょう。

分割したときにそれぞれ部屋として機能するためには、やはり最低でも10帖、できれば12帖欲しいところです。

当然子供が大きくなるまでは、部屋自体はフリースペースとして活用すればいいので、初めはあまり使わない部屋になるかもしれませんが、将来的なことを考慮すると、ある程度子供部屋は広さを取っておいた方がいいでしょう。

蛇足ですがウォークインクローゼットについて。ウォークインクローゼットは、広さ自体よりも形を考慮してください。

正方形にしてしまうと、どうしてもデッドスペースができてしまう可能性がありますので、デッドスペースをなくし有効活用するにはどうするか、という視点で形を考えてください

理想の家づくりトップ > ベーシック > 必要設備 > 各部屋の広さは?