理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 仮住まいはどうする?

仮住まいはどうする?

建て替えの場合ですと、工事中は仮住まいに引っ越す必要が出てきます。仮住まいに住むことになった際の荷物など、どのような点に注意する必要があるかについて紹介していきます。

■仮住まいに引っ越す際は荷物をどうするか考えておこう

新規で家を建てるという場合には必要ありませんが、建て替えで家を建てるという場合には、家を解体して新しい家を建てている間、別のところに住むための仮住まいが必要になってきます。

やはり、その期間というのはある程度の長さになってきますので、あまり費用をかけたくない、というのが本音でしょう。

一般的にはレオパレスなどのマンスリーマンションを借りるだったり、通常の賃貸で敷金・礼金が少ない、もしくはないところを探して借りる、ということが一般的でしょう。

その際問題になってくるのが荷物です。一軒家に住んでいて、建て替えのために仮住まいとしてマンションに引っ越す場合、やはり荷物が入りきらない、ということがあります。一軒家とマンションでは収納力にも違いがありますので、荷物が溢れる、ということは多いでしょう。

もちろん、広い部屋を借りれば、荷物を全部収納する、ということは可能な場合もあるでしょうが、当然のことながらその分家賃としては高くなってしまい、余分な費用が必要となってきます。

■費用を抑えるためにトランクルームという選択肢も...

やはりあくまでも仮住まいですので、抑えることができる余分な費用というのは抑えたいところです。

その場合は、「建て替え時の荷物はどうする?」でも紹介していますが、できるだけトランクルームを借りて、普段使わない荷物はトランクルームにしまっておく、という方が費用としては安く済みますので、トランクルームの利用を検討してみることも必要でしょう。

仮住まいで必要な費用をできるだけ安く抑えることで、家が完成した後に住む際に、家具などに費用をかけることもできますので、抑えることができる部分はできるだけ安く抑えるように努力しましょうね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 仮住まいはどうする?