理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 建築条件付きには要注意

建築条件付きには要注意

最近では建築条件付きの土地が多く出回るようになりましたが、実はこの建築条件付きの土地はトラブルが頻発しています。建築条件付きの土地の問題について紹介していきます。

■建築条件付きの土地ではトラブルが増えている...

最近では建築条件付きの土地が売り出されていることがかなり多くなってきました。

建築条件付きの土地とは、土地の売買契約に加えて、施工する業者を指定して請負契約を結ぶ必要がある土地のことです。

しかし、建築条件付きの土地は大きな問題があるため、最近特にトラブルが増えているのが建築条件付きの土地なのです。

まず、施工する業者が指定されていますので、もし他に施工をお願いしたい業者があったとしてもお願いすることができません。もしどうしても施工する業者を変更したいのであれば、基本的にはその土地をあきらめるしかありません。

まれに建築条件を外すこともできますが、基本的には難しいと考えておいた方がいいでしょう。

また、施工する業者が指定されているということは、不動産業者と施工業者にリベートが発生している可能性があり、その分施主側が支払う総費用が高くなっている可能性があります。

■建築条件付きは家のプランの変更がほとんどできない!

そして、これが一番問題なのですが、土地の契約と合わせて十分な検討もしないうちから家の建築の請負契約を締結しようとすることがあります。基本的には建築条件付きの土地であったとしても、土地の売買契約と建物の請負契約は別契約ですので、一緒に行う必要は全くありません。

しかし、ろくに検討もしないうちから契約をしてしまうと、施主側の希望が一切通らないとんでもない住宅になってしまう可能性があります。

そもそも、建築条件付きの場合は家のプランが既に決まっていますので、たとえ時間があったとしても自由に家を設計することはできません。せいぜい家の設備を変更したりすることができる程度です。

結果的には設備変更などによりプラスの費用が増えてしまうということがあり、施主としてのメリットはほとんどないのがこの建築条件付きの土地です。

いくらいい土地が見つかったからといって、建築条件付きの土地の場合はすぐに契約せずに、十分に検討することが必要ですよ。

理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 建築条件付きには要注意