理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 建築家のタイプは様々

建築家のタイプは様々

こだわりの家を作るためには建築家に設計を依頼する必要があります。しかし、一口に建築家といっても様々なタイプの建築家がいますので、建築家のタイプについて紹介していきます。

■建築家は十人十色

やはり自分のこだわりの詰まった家を作り上げたいから建築家に設計を依頼したい、という方は多いことと思います。

とはいえ、難しいのは誰に依頼すればいいのか、ということです。それこそ設計事務所はかなり多くありますので、自分に合う建築家を探すというのは非常に大変です。

やはり、建築家と一口に言ってしまっても、色々なタイプの建築家がいます。あくまでも効率性を重視するタイプの建築家や、芸術家気質の建築家、またコストダウンを得意とする建築家などもいます。

他にも、専門によって分かれてくる場合もあります。デザインを専門とする建築家や、設備を専門とする建築家、構造を専門とする建築家などこちらも様々になります。

そして、一人で設計全部を行う場合もあれば、チームで設計を行う場合もあります。一戸建てが得意な建築家もいれば、併用住宅が得意な建築家もいるでしょう。

このように、様々な部分を得意とした様々な建築家がいます。

■選びたい建築家のイメージを固めよう

だからこそ、建築家を選ぶ前には、どのような建築家を選びたいのか、ということを明確にしておく必要があります。

そして、どのような建築家を選びたいのか、ということを明確にするためには、どのような家を作りたいのか、ということが明確になっていなければ決めることはできません。まったくのノープランで建築家選びから入ってしまっても、建築家を探すだけでも一苦労です。

まずは自分の中でどのような家を作りたいかのイメージを固めたうえで、その家を実現するためにはどんな建築家が必要か、ということを考えたうえで建築家を探すようにしてください。

この順番を間違えると、結果的に時間だけを費やしてしまうことになりますので、家づくりの基本は初めに自分の家のイメージを固める、ということを忘れないでおいてくださいね。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 建築家のタイプは様々