理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > コンクリート打ちっ放しの家っていいの?

コンクリート打ちっ放しの家っていいの?

芸術性が高く非常に優れたデザインが多いコンクリート打ち放しの家。実際に住むうえではコンクリート打ち放しの家はどうなのか、どんな欠点があるのかについて紹介していきます。

■デザインは芸術的だけど大きな欠点も...

『近所にできたコンクリート打ちっ放しの家がめちゃくちゃオシャレ!』

そう思ってコンクリート打ちっ放しの家に憧れる方というのは少なくありません。確かに、建築家の安藤忠雄が作るコンクリート打ちっ放しの建物など、もはや芸術の域に入る建物になっています。

ただ、正直なところ、人が住む家としてコンクリート打ちっ放しの家にするのは、あまりオススメできません。当然、住むのではなく、利用するだけでしたらそんなに問題はないのですが・・・。

なぜなら、コンクリート打ちっ放しの家には重大な欠点があるのです。

その欠点は大きく二つ、断熱と防水です。

まず、断熱についてですが、コンクリートというのは熱伝導率と熱容量が大きいため、夏は暑くて冬は寒い、の典型的な家になってしまいます。

■コンクリート打ちっ放しの家は居住用に適しているわけではない

そして、コンクリートは防水性能が弱く、雨が家の中までしみこんでしまうことがよくあります。雨のしみこみのせいで、コンクリート壁が汚れている家というのもよく見かけるのではないでしょうか?

コンクリート打ちっ放しの家の壁が汚れているのも味があっていい」という方も居られますが、汚れ方によっては味があるようにも、ただ汚くも見えてしまいます。

その汚れ方に関しては、人の手は介入できず、自然の流れに身を任せるしかありませんので、残念な結果になってしまうことも少なくありません。

コンクリート打ちっ放しの家というのは、観賞用としては芸術品にもなるぐらいいいものですが、だからといって居住用に適しているというわけではないのです。

雨が少なく、寒暖差が小さい地域でしたら大きな問題にはならないかもしれませんが、日本のように梅雨があり、夏と冬の温度差が大きい地域にはあまり合わない住宅、ということができますので、コンクリート打ちっ放しの家にしたい、と思っている方も一度立ち止まってデメリット部分についてしっかりと考える、ということをしてくださいね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > コンクリート打ちっ放しの家っていいの?