理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 高断熱・高気密は何が良い?

高断熱・高気密は何が良い?

その快適性から最近ではほとんどの住宅において高断熱・高気密をウリにしています。では、実際のところ高断熱・高気密住宅は何が良いのか、ということについて紹介していきます。

■家を全方位で断熱することでより一層の断熱効果が...

最近特に高断熱・高気密住宅をウリとしているハウスメーカーが非常に増えてきました。

ある意味最低条件のように、高断熱・高気密を求めている方も非常に増えてきています。

では、実際のところ高断熱・高気密住宅というのはいったい何が良いのでしょうか?

もう今や断熱という言葉自体はかなり一般化していますので、あまり説明は不要かとは思いますが、簡単に説明しますと、断熱材を壁や屋根、床に施工することで、夏場は外の熱を家の中に遮断することによって家の温度の上昇を防ぎ、冬場は外の冷気を遮断することによって家の中の温度の低下を防ぐことです。

一時期内断熱や外断熱という言葉が流行りましたので、名前ぐらいは聞いたことがあるという方が多いと思います。

ただ、一昔前までは屋根や外壁にばかり断熱していましたが、今では窓ガラスやサッシ、そして床と全方位を断熱材でくるむことによって家全体の断熱性能が向上していますので、更に断熱効果というのは高くなってきています。

■高断熱・高気密住宅は快適!だけど注意点も...

そして、断熱とは違い最近よく取りだたされているのが高気密ですが、冬場に温かい家の中の空気を外に逃がさないように、空気を密閉することが高気密の正体です。断熱性能をより高めるために導入されたのが高気密ですので、この二つはセットで取り組んでこそ効果が高まると言えるでしょう。

このように、高断熱・高気密住宅は非常に快適で過ごしやすいのですが、マイナス面が全くないわけではなく、当然問題もあります。

高断熱・高気密の問題に関しては「高断熱・高気密住宅の注意点」にて紹介していきたいと思いますが、高断熱・高気密の住宅にこだわるためには、家全体においてかなりこだわる必要が出てきます。

とはいえ、やはり高断熱・高気密住宅というのはかなり快適ですので、特に夏の暑さや冬の寒さに苦しんでいるという方は是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > 疑問に答えるシリーズ > 高断熱・高気密は何が良い?