理想の家づくりトップ > ベーシック > 住宅地編 > 公共交通機関は?(住宅地編)

公共交通機関は?(住宅地編)

住宅地ではバスも整備されている上、駅が近くにない所もあまりありませんので不便を感じることは少ないです。とはいえ気を付けるべき住宅地の公共交通機関について紹介していきます。

■電車もバスも飛行機も整備されているため交通網の不満は少ない

さて、それでは住宅地における公共交通機関について考えていきましょう。

まず、関東の住宅街であれば徒歩20分で近くに駅がない、というところはほとんどないのではないでしょうか?

それだけ関東においては住宅地でも公共交通機関などの交通網は整備されていますので、普段の生活することでの不便を感じることは少ないと思います。

また、多少駅から離れていても、住宅地の場合はバスの路線が整備されています。バスは定刻通りに動かないという面があるものの、電車では行くことができない地域に行こうとする場合や、駅まで多少遠い場合でも、バスの利用ができれば大きな不満にはならないでしょう。

他の公共交通機関でいうと、空港についても、少し大きな住宅地であれば、空港バスが整備されていますので、空港までの交通手段に困ることはないと思います。

■タクシーは気軽に使えない...

交通網は特に問題なく整備されているのですが、それでも住宅地の場合ですと、どうしても電車の路線が限られているため、行きたい方向に自由にいくことができないという部分はあります。

そのため、やはり住宅街に住むのであれば、できれば車を持っていたほうが不便は感じないでしょう。

車を持っていたほうがいい理由の一つが、やはりタクシーを普段から使うことが難しい、ということがあります。

当然都心に比べたらタクシーが普段からあまり走っていない、ということもあるのですが、少し遠くまで行こうと思うと、タクシー料金は非常に高いですので、お金がかかってしまいます。

たまにならいいのですが、もし毎週行く必要のある場所が、電車では生きづらい場所だった場合に、毎回タクシーを使おうと思うと、それなりの費用は覚悟しておく必要があります。

普段の生活の中での公共交通機関の整備状況はあまり不満を持たれないかもしれませんが、それでも都心と比べたら整備されていない状況は理解しておく必要はあります。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 住宅地編 > 公共交通機関は?(住宅地編)