理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > 間取りは自分で考えてみよう

間取りは自分で考えてみよう

自分が住みたい理想の家の間取りをパソコンのソフトなどで自分で間取りに落としてみる、ということは重要です。間取りは自分で考えてみることの重要性について紹介していきます。

■間取り図面を自分で描いてみよう!

さて、それでは自分でできることは自分で、という観点から、間取りを自分で考える、という点について検討していきましょう。

当然間取りは自分で考えているよ、という人が多いかもしれません。しかし、大枠で間取りを考えているとしても、実際に図面に落としてみたことはあるでしょうか?

もちろん、プロの建築士が作るような詳細な設計図である必要は全くありません。そのような設計図は描けるはずがありませんし描く必要もないですからね。

単に紙に描いてみたり、パソコンのソフトで図面を作ってみたり。実際に図面として描いてみることで、検討できていなかった部分が見えてくることもあります。

■自分で間取りを描くことで見落としもなくなる!

自分の家のイメージが図面として形に残っていると、当然建築士に本格的な図面として落としてもらう時にイメージの祖語も少なくなりますし、何より時間がかからなくなることで不必要な経費を落とすことができます。

とはいえ、当然みなさん今まで図面に落とす、などということをやったことはないと思います。しかし、今では簡単に間取り図面を描くことができる無料のソフトがネット上にいくらでもあります。

無料にもかかわらず、使い方は非常にシンプルですので、紙で描くよりも断然早く、きれいに仕上げることができます。

図面を自分で描いてみるだけで、少しでも費用を落とすことができますし、各部屋にどれだけの広さが必要かもわかってきます。さらに検討しなければならない部分の見落としもなくなってきますので、是非一度使われることをお勧めします。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > 間取りは自分で考えてみよう