理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > 間取り作成おすすめソフト

間取り作成おすすめソフト

間取りを考える場合は、紙でもパソコンのエクセルやパワーポイントなどのソフトでも問題ないですが、最近ではフリーでダウンロードできる間取り作成ソフトが非常に増えていますので、活用しない手はありません。間取りを作成するためのおすすめフリーソフトを紹介していきます。

■間取りはパソコンが無くても作成できる

さて、それでは間取り作成おすすめソフトにはどのようなものがあるのでしょう。―――、と言ってはいますが、何も必ずパソコンを使って間取りを描かないといけないわけではありません。紙に間取りを描いても何ら問題ありません。

ただ、紙で描く場合は定規を使って縮尺はできるだけ正確に描いていただいた方が、のちのちのブレは少なくなります。

例えば、本当はピアノを置きたい部屋だったのに、部屋のサイズが合わずに結局ピアノを入れることが出来なくなったということもありますので。

要は、紙であれ、パソコンであれ、間取り図面を自分で描いてみてより詳細に自分の家のイメージを持ってもらうことが重要なだけです。

ですので、パソコンでも特に特別なソフトを使わなくても、エクセルやパワーポイントで作った間取りでも全然問題はないでしょう。簡単な平面図でしたらエクセルやパワーポイントの方が簡単に作れるかもしれませんね。

■「google sketch up」は優れもの

さて、それではおすすめの間取り作成ソフトですが、まず一つは「自分でできることは自分で」などでも簡単にご紹介しました「google sketch up」ですね。

この「google sketch up」は、特に使い方を深く調べなくても少し調べればすぐ使えるようになるのですが、「google sketch up」は有名でもありますので関連本も多数出版されています。もし使われるのでしたら情報が足りない、ということはないと思います。

ちなみにこのソフトは本格的な図面作成ソフトであるCADとの連携まで考えられて作られているため、使い方次第ではかなり本格的に作りこむことができますので、オススメです。

色々できるが故に、デメリットとしては本格的に作りこもうとした場合に少々時間がかかりすぎる、という部分がありますが・・・。

「google sketch up」については有名ということもありますので、ここではもう一つ他の間取り作成おすすめソフトも紹介したいと思います。

正直ネット上にはいくらでもフリーソフトがありますので、自分にとって使いやすいソフトを選んでもらえばいいのですが、「間取りPlannerPlus」というソフトがおススメです。これは非常に使いやすく、操作が解りやすいうえに、機能が充実しています。

今ではフリーでダウンロードできる間取り作成ソフトがたいへん増えていますので、理想の家づくりをするときに自分のイメージを持つためにはありがたい話です。

せっかくなのであなたにとって使いやすいフリーソフトを探して一度間取りを自分自身で作ってみましょう。

間取り作成おすすめソフトまとめ
●間取りの作成は専用ソフトを使わなくても、紙でもエクセルでもパワーポイントでも問題ない
●「google sketch up」は関連本も多数出版されているため情報量は不足しない
●「間取りPlannerPlus」は分かりやすくて機能も充実
理想の家づくりトップ > ベーシック > 自分でできることは自分で > 間取り作成おすすめソフト