理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 万が一に備えて地盤保証もつけよう

万が一に備えて地盤保証もつけよう

知っておくべき保証の一つである地盤保証。軟弱地盤の改良したとしても地盤沈下の恐れがある以上、万が一に備えてつけておきたい地盤保証について紹介していきます。

■地盤保証をつけるためには地盤調査が必須項目!

家づくりにおいては様々な保険がありますが、地盤にも保証があるということをご存知でしょうか?

それが地盤保証です。地盤保証とは、地盤が軟弱で地盤沈下を起こしたなど、地盤に起因するような不具合が起こった場合に瑕疵を保証するものです。

ただ、当然地盤保証を付けるためには、住宅の着工前に地盤調査を行い、更に必要に応じて地盤改良工事を行わないと地盤保証は付けることはできません。地盤調査の費用がもったいないから代わりに地盤保証を付けておこう、というわけにはいきません。

しかし、品確法でも建物の構造体に関しては10年の保証が義務付けられているにもかかわらず、なぜこのような地盤保証のようなものが必要になってくるのでしょうか。

■地盤保証も消費者を守るために作られた...

地盤保証が必要な理由の一つは、建物の構造体に問題が発生したとしても、業者が手直しに応じてくれない、ということがあります。

構造体に問題が発生してしまうと、やはり手直しをするためには相当大きな金額や多くの時間が必要となってきます。体力のある業者ですと応じてくれる場合もあるかもしれませんが、体力のない会社ですとかなり苦しくなります。

そして、業者が応じてくれない場合は最悪裁判で争わなくなります。裁判で争うことになれば当然費用も時間も取られてしまうことになるため、そのようなことが無いように生まれたのがこの地盤保証です。

とはいえ、本来は地盤調査をしっかりと行っており、基礎をしっかりと作っていればそうそう地盤沈下で建物に影響が出てくるということはありません。

しかし、必ずしも基礎がしっかりと作られている場合ばかりとは限りませんので、できれば工事中は第3者チェックを建てるか、それが難しい場合はこの地盤保証を付ける、ということを考えたほうがより安心した家づくりができるでしょう。

理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 万が一に備えて地盤保証もつけよう