理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりに関わるその他気になること > 見積書は細かく確認を

見積書は細かく確認を

家づくりにおける見積書というのは、契約内容にかかわる非常に重要な書類となりますので、金額しか確認しないということはやめておきましょう。建材・設備など、金額以外にもチェックすべき見積書のポイントについて紹介していきます。

■見積書は建材・設備、工事の抜け漏れもチェックしよう!

見積書というのは契約内容にかかわる非常に重要な書類です。そのため、見積書は金額しか確認しない、ということはやめてください。

見積書はどこにどのような費用がどれぐらい必要か、ということを明らかにしてくれます。

そのため、どこにどのような建材が使われているのかということが分かりますので、見積書に記載されている内容で問題ないかどうかということを確認する必要があります。出来れば設計図面と一緒に確認する方がいいでしょう。

見積書で記載された内容で契約することとなりますので、もし意図していた建材・設備と見積書が異なっていても、見積書に記載されている建材・設備で家づくりを行うことになってしまいます。

そして、建材・設備の確認と同時に行って欲しいのが、見積書に記載されている工事の抜け漏れをチェックするようにしてください。例えば、家具の作成を依頼していた場合なども、見積書の中に工事内容が記載されているかどうかは必ず確認するようにしてください。

■見積書は施主と施工会社のコミュニケーションツール

ちょっとした内容だからサービスで行ってくれる、などとは考えない方がいいです。そのような場合もありますが、基本的にはちょっとした工事であっても請求対象となります。

そして、見積書に記載されていない場合は、ある意味言い値を提示されてしまうこととなります。

見積書というのは、施主側と施工会社とのコミュニケーションツールでもあります。見積書に反映されていない内容は施工会社とのコミュニケーションミスの可能性がありますので、必ず確認するようにしてください。

見積書は施主にとっては非常に重要な書類になりますので、時間をかけて詳細に確認するようにしてくださいね。

見積書は細かく確認をまとめ
見積書の確認箇所 ●金額
●建材・設備
●家具の作成などの工事の抜け漏れ
まとめ 見積書は施主と施工会社のコミュニケーションツールのため、細かく確認して不明点は必ず確認すること
理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりに関わるその他気になること > 見積書は細かく確認を