理想の家づくりトップ > ランクアップ > もしもこんな家だったらシリーズ > もしも3世帯住宅だったら

もしも3世帯住宅だったら

もしも夫婦両方の親世帯と同居する3世帯住宅で同居することになったらどうしたらいいのでしょうか?間取りも難しそうです。もしも3世帯住宅だったらどのような点に注意する必要があるのか、ということについて紹介していきます。

■夫婦両方の親世帯と同居!意外と快適!?

さて、もしも3世帯住宅だったら、ということを考えてみましょう。

間取りが非常に難しそうですね。2世帯住宅でも躊躇するのに3世帯住宅!?と思った方もいるかもしれません。

さすがに親世帯、子世帯、孫世帯の3世帯住宅を考えている、という方はあまりいないのではないでしょうか?3世帯住宅の場合はほとんどが夫婦両方の親世帯と同居、という形になると思います。

やはり2世帯住宅にするにしても、どっちの親を、というのはもめる要因にもなってしまいますからね。その点3世帯住宅であればどちらの顔も立てることができますので、ある意味理にかなっているかもしれませんね。

特に子供が小さい世帯であれば、親世帯は孫と会いたいでしょうし、子世帯としては子供の面倒を見てもらいやすい、ということで、お互いにメリットがある住宅かもしれないですね。

■3世帯住宅はメリットの大きい住宅。もめなければ...

しかし、両方の親世帯と同居することになると、常に干渉されるような気もしますし、親同士の関係が気になるところでもあります。ですから、3世帯住宅を建てるといっても、3世帯とも完全分離した住宅の方がいいでしょうね。つまり玄関が3つある住宅です。

そう考えると、1階に両方の親世帯2世帯を作って、2階に子世帯を作る方がいいかもしれませんね。親世帯は階段があると辛くなりますのでやはり1階がいいですし、広さとしても夫婦二人で過ごすだけであればあまり広さは必要ないでしょう。

逆に子世帯は将来家族が増えることも想定すると広い方がいいので、2階の方がいいでしょう。ただ、子世帯は子供が走り回ることを想定すると、床の遮音には気を付ける必要があるかもしれませんね。

こう考えると意外と3世帯住宅というのは現実味のある住宅なのではないでしょうか?

費用も両方の親から出してもらいやすくなりますので、子世帯にとってはメリットが大きいといえますし、嫁姑問題ももう片方の親の目があるとあまり表面化しにくそうですしね。

とはいえ、もめてしまうと地獄の空間と化してしまいそうですので、3世帯住宅にするかどうかはよく検討してから決めたほうがいいでしょうね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > もしもこんな家だったらシリーズ > もしも3世帯住宅だったら