理想の家づくりトップ > ベーシック > 間取り編 > 中庭は必要?

中庭は必要?

採光を確保でき、町屋などの雰囲気も漂い、非常に人気が高いのがパティオとも呼ばれる中庭のある家です。しかし、良い面だけではありませんので、家の強度や排水計画など対策が必要であるデメリットについても紹介していきます。

■中庭を設置する理由

さて、一軒家ならでは、そして大体の場合は注文住宅だからこそ実現できるものとして「中庭」というものがあります。

やはり中庭のある家―――というのはどこか憧れみたいなものがあります。中庭のある家というと京の町屋などが典型的な例ですね。

さて、この中庭のある家ですが、どういった理由で設置しているのでしょうか?一つは、憩いの空間としての使い方があります。

家の作りによっては、中庭を通して向かいの部屋を見ることができ、非常にリラックスができる空間となります。中庭にあるテーブルで淹れてたのコーヒーや紅茶などを愉しむティータイムができたら、心にもゆとりがもてることうけあいです。

他には、立地上どうしても採光が確保しにくい場合です。家の中心に採光できる場所として中庭を用意するという性能面での理由があります。また、これも立地上にはなりますが、庭のスペースが思った以上に取れなかった場合。庭の代わりに中庭で代用するという使い方があります。

このような理由により、中庭のある家は最近増えてきているのです。

■中庭のデメリットとは?

一方で、中庭を設置するにあたり気を付けなければならないデメリットもあります。例えば、家の強度の問題です。中庭を作るために、どうしても間取りが凸凹になってしまうと、凹の部分に負担がかかってしまうため、耐力壁を適宜設ける必要があります。

また、当然のことですが、排水計画は綿密に考えておく必要があります。他にも、中庭に面する部分を全面ガラス面とすると、暖房・冷房の検討をしておく必要があります。加えて、通気の部分でも、通風がしっかりと取れないと、非常にじめっとした庭になってしまいます。

このように、中庭のある家には魅力的な部分も多いのですが、考慮しなければならない面というのも多いので、中庭を作ろうと思われている方は十分に計画してくださいね。

中庭まとめ
メリット ●憩いの空間となる
●採光を確保しやすい
●庭の代わりに中庭で代用することができる
デメリット ●家の強度が弱くなってしまう
●排水計画を考えておく必要がある
●ガラス面が多くなるため熱が伝わりやすく逃げやすくなる
●通風を確保する必要がある
【対応策の例】 ●耐力壁を多く設置する
●中庭に面するガラスには断熱ガラスを使用する
●設計段階で通風計画を考えておく
理想の家づくりトップ > ベーシック > 間取り編 > 中庭は必要?