理想の家づくりトップ > 家づくりベーシック > 理想の家とは

理想の家とは

当然人によって変わってくる部分でもありますが、理想の家とはどのような家のことなのでしょうか?既に理想の家のイメージが固まっている人も固まっていない人もイメージしておくべき理想の家について紹介していきます。

■理想の家をイメージしよう!

ナッシュビル ある豪邸

では、そもそも理想の家とはどのような家のことを指すのでしょう。

漠然と理想の家といっても、人それぞれイメージが違いますよね。Aさんが理想だと思っている家でも、Bさんにとっては理想の家とはならない可能性があります。

それは当然のこと。私がここでお伝えしたいのは、
「あなた」の理想とする家
このイメージを作りあげればいいということなのです。

ただし、一人一人が自分にとっての理想の家をイメージするためには、細部にわたって「自分が住みたい家はこんな家だ――――」というイメージを持つ必要があります。

これから家づくりを考えて当サイトに来ていただいている方にとって、「もう理想の家のイメージはできているよ!」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、そんな方もぜひもう一度私のお勧めする方法で『理想の家』をイメージしてみてください。

■理想の家のイメージは生活風景まで詳細に...

ここで私からあなたへ質問です。

本当に自分が住んだ後の生活風景まで詳細にイメージできていますか?もしかしたら部屋の数や配置はイメージできているかもしれません。

しかし、実際に住んだ後の生活風景までイメージしないと、家づくりをした後で後悔することになってしまうかもしれないのです。そうならないためにも、今のうちに少しでも理想の家のイメージを固めておきましょう。

あなたが理想とする家のイメージを考えるうえで、重要な視点が4つあります。「間取り」、「設備」、「庭」、「外装」。「庭」と「外装」については、内容に重なる部分もあるのですが、まずは別々のものとしてこの4つの視点について、それぞれ考えていきましょう。

理想の家づくりトップ > 家づくりベーシック > 理想の家とは