理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 忍者屋敷に住みたい

忍者屋敷に住みたい

子供心をまだ持っている方なら忍者屋敷みたいなカラクリ屋敷に住んでみたい、と思うかもしれません。忍者屋敷を作るにはどんなことを意識し、注意する必要があるかを紹介していきます。

■隠し階段に隠し扉、滑り棒...憧れの忍者屋敷を作ろう!

忍者屋敷、と聞くとなぜかワクワクしてしまう、そんな子供心をまだまだ持っている、という方は多いのではないでしょうか。

やはり子供のころ忍者屋敷、と聞くとワクワクしましたし、忍者屋敷みたいなカラクリ屋敷に住んでみたい、と思ったものでした。せっかく作る家であれば忍者屋敷みたいにしてみたい、という方も居られると思います。

とはいえ、あまりに本格的に忍者屋敷みたいにしてしまうと普段の生活が不便になってしまう場合もあります。

ですので、忍者屋敷みたいな遊び心を取り入れてみるのはいかがでしょうか?例えば、隠し階段や隠し扉を作ってみるであったり、2階から1階に下りるために滑り棒を使う、などなど。

■くれぐれもやりすぎにはご注意を...

また、間取りを分かりづらくする、というのでもいいかもしれませんね。小さな小部屋をいくつも作ることで方向感覚をなくして今どこにいるのか分からなくする、などでもいいかもしれません。

極端にやってしまうと、玄関ドアを無くして、隠し扉で家の中に入る、などとやってしまうと、楽しいのは楽しいのですがやはり毎日使うとなると不便になってくると思いますので、あまり度は越さないように気を付ける必要があります。

でもやっぱり家を忍者屋敷にすることの一番の楽しみは来客があった時ですよね。

「あれっ!?ここどうなってるの!?」

こんな一言を言われたらもうニヤニヤしてしまいます。もしくは、「私の家、実は忍者屋敷だったんです!」って言うのも楽しいかもしれませんね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 忍者屋敷に住みたい