理想の家づくりトップ > ベーシック > 間取り編 > 冷蔵庫の配置はどこがいい?

冷蔵庫の配置はどこがいい?

キッチンは家全体の配置であったり、キッチンの中の配置であったりと考慮しなければならない点が非常に多いポイントでもあります。その中でも特に気を付けておきたい冷蔵庫の配置において、どこに気を付けるべきかについて紹介していきます。

■キッチンはプライベートな空間?パブリックな空間?

ダイニングとキッチンの関係」や「キッチンはどこに配置する?」、「キッチンの広さは?」などで紹介していますが、キッチンを考える際に考慮しなければいけない点というのは非常に多くあります。

今回はそんなキッチンの中でも存在感が抜群な冷蔵庫の配置について紹介していきます。

まずそもそもとしてキッチンはプライベートな空間かパブリックな空間か判断が難しい場所でもあります。

家庭によっては奥さんだけではなくご主人さんも料理をすることがあるでしょうし、お子さんが料理をすることもあるでしょう。そんな家庭ではキッチンはプライベートな空間とは言えず、やはりパブリックな空間だと言えるでしょう。

ただ、料理をするのが奥さんだけだという家庭においては、キッチンはプライベートな空間だと言えます。そしてそのようなご家庭は多いのではないでしょうか?

しかし、このようなプライベートな空間であるキッチンでも、唯一パブリックな要素として残っているのが冷蔵庫の存在です。

■冷蔵庫がキッチンの奥にあると危険が生じる!?

冷蔵庫に関しては、どのような家庭においても誰もが利用することになります。だからこそ考えておかなければならないことは冷蔵庫をキッチンのどこに配置するかということです。

特に、個室タイプのキッチンになっている場合は、冷蔵庫を奥に配置してしまうと、キッチンへの人の出入りが多くなってしまいます。広いキッチンであればそれほど問題ないかもしれませんが、そうでない場合は、特に料理の最中など危険が生じる場合もあります。

だからこそ、冷蔵庫はキッチンの入り口に配置しておくということが大事になってきます。キッチンの入り口であればあくまでもパブリックな空間として人が出入りしても問題なく、その奥のキッチンに関してはプライベートな空間としてあまり人が出入りしなくなります。

また、可能であればになりますが、キッチンで危険を生じさせないための別の手段としては、キッチンに入り口を二つ設けるという手段もあります。キッチンに入り口が二つあれば、奥さん以外は冷蔵庫に近い方の入り口しか使わずに済みますからね。

これは回遊性を持たせるという意味においても非常に有効ですが、そもそものキッチンの配置によっては難しい場合もありますので、状況に応じてキッチンの入り口を二つにするということを考えるようにしましょう。

このように、ただ冷蔵庫をキッチンのどこに配置するかというだけのことなのですが、考慮しておかなければならないことというのは多くあります。キッチンというのは家の中心でもありますので、キッチンをどうするかということに関してはよくよく考えるようにしましょうね。

冷蔵庫の配置はどこがいい?まとめ
●冷蔵庫をキッチンの奥に配置してしまうと、キッチン内の人の出入りが多くなってしまい、料理中に人にぶつかったりなど危険が生じる元となる
●キッチンに入り口を二つ作ることができれば冷蔵庫の配置にそれほど悩む必要がなくなるが、そもそものキッチンの配置によっては入り口を二つ作ることは難しい場合もある
理想の家づくりトップ > ベーシック > 間取り編 > 冷蔵庫の配置はどこがいい?