理想の家づくりトップ > ランクアップ > 理想の家のご提案シリーズ > リモコン類は一か所に集めよう

リモコン類は一か所に集めよう

現代の住宅には様々なリモコンが存在します。テレビやエアコン以外にも、給湯器やインターホン、調光コントローラーや警報システムなどなど。これらリモコンを一か所に集めることのメリットは何があるのかについて紹介していきます。

■リモコンと一口に言っても様々・・・

家のリモコン類は一か所に集めよう、と言ってしまってもテレビやエアコンのリモコンの話ではありません。

他にも家には給湯器やインターホン、調光コントローラーや警報システムなどなど、家にとっては大事なリモコンがあります。

但し、様々あるからこそ、これらをもしバラバラに配置してしまうといちいち移動が必要になったりなど意外と面倒になってしまうのです。

であれば、別途リモコンでのコントロールが必要なものについては、できるだけ一か所に集めてしまった方が何かと効率が良いでしょう。

だからこそ、これら家の生活にとって必須のリモコン類については一つの壁に納めてしまうようにしましょう。

■リモコン壁を便利な場所にしよう!

但し、このように生活する上で必要なリモコンを一か所に固めるということは、そのリモコンの周りに人が集まりやすいということでもあります。

であれば、そのリモコンがある壁付近は、ある程度広い空間を取る必要があります。狭い空間にリモコンが固まった壁があると、人が常時いる可能性の高い場所となってしまい、人の行き来がしにくい空間となってしまうのです。

だからこそこの壁はある程度広い空間の方がいいでしょう。そして、その上で皆がアクセスしやすい場所の方が良いです。

いくら広い場所だといっても、家の中のへんぴな場所に設置してしまうと、それまたその壁まで行くのが面倒になってしまいかねません。

人がアクセスしやすく、ある程度広い空間にリモコン類が一か所に固まっていることで家としての使い勝手も良くなります。

少しでも生活しやすい家にするために、こういったちょっとしたことも忘れずに考えておくことが大事になりますよ。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > 理想の家のご提案シリーズ > リモコン類は一か所に集めよう