理想の家づくりトップ > 家づくりベーシック > 理想の家の環境

理想の家の環境

理想の家の環境、要は立地は、都心か住宅地か田舎かどこが良いのでしょうか?理想の家を建てる為に良い立地を選ぶためのキーポイントについて紹介していきます。

■都心がいい?住宅地がいい?田舎がいい?

Nakayan's tilt-shift Tsukishima residential area-Tokyo 箱庭 月島住宅街---03f3d5e8

それでは理想の家の環境について見ていきましょう。理想の家の環境と書いていますが、要は立地の環境についてです。どこに家を建てるか、ということについて考えていきましょう。

まず、立地をどこにするか等については、大きく分けると3点あります。

都心に住む、住宅地に住む、田舎に住む...。ほとんどの人がこの3点に当てはまることになると思います。(海外や山の中、っていう人もいるかもしれませんが・・・。)当然、都心なのか、住宅地なのか、田舎なのかによって、それぞれ求めることが変わってくると思います。

そして、当然重視する項目によって、どこがいいかは変わってきます。土地の値段を優先するのか、都心へのアクセスを優先するのか、自然との触れ合いを優先するのか、などなど。

■子供の影響を考慮して立地を考えよう!

そして、実際に住む立地として考えなければならないこととしては、子供の学校であったり、普段よく使うスーパーはどこにあるのか、ということだったり。加えて、当然会社からの距離はどれぐらいなのか、時間は許容できる範囲か、など考慮すべき点は立地には多くあります。

ただ、10年20年とずっと住み続けるのであれば、やはり一番に考慮したいのは子供に対する影響。治安のことであったり、学校であったり、課外活動の実績、意外に大事なのが救急病院の場所など、調べておくことは山ほどあります。

一度建てると、建て替えはできたとしても場所だけは変われません。後悔しないためにも、必ず自分が住みたい地域については詳しく調べておきましょう。

理想の家づくりトップ > 家づくりベーシック > 理想の家の環境