理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > ロフトのある家に住みたい

ロフトのある家に住みたい

収納部屋として活用されることも多いため、最近増えているロフトですが、夏場は非常に部屋の中が暑くなるため、住むには暑さ対策が必要です。ロフトのある家に住むためにはどのような点に注意し、対策を取る必要があるかを紹介していきます。

■ロフトの注意点

ロフトのある家、というと最近ではマンションに増えてきているイメージが多いのではないでしょうか?

しかし、ロフトにはやはり隠れ家的なイメージもあり、いまだに強い人気があり、一軒家でも増えてきています。ただ、一軒家の場合、ロフトというよりも屋根裏収納として、主に収納に使っている家が多い、というのも事実です。

人気のあるロフトですが、やはり注意しなければならないこともあります。

過去にロフトのある部屋に住んでいた方ならお分かりだと思いますが、ロフトのある家は屋根からの熱が直接伝わってきますので、夏場は非常に暑いです!確実に空調を整備しておかないと、夏場は生活することが非常に困難になります。

■ロフトの暑さ対策には?

では、空調以外に対策はないのか、というとそういうわけではありません。

ロフトのある家が暑くなる原因は、先ほど述べたように、屋根から熱が伝わることが大きな原因となります。そのため、ロフトに熱が伝わらないように、断熱をすればいいのです。

断熱をするためには大きく二つあります。

それは屋根材自体に断熱効果のある商材を使うこと、というのが一つです。最近は屋根材にしても非常に多くの商材が出てきていますので、断熱効果を持った屋根材というのも多くありますよ。また、塗装で遮熱する、という方法もありますしね。

そしてもう一つは、天井に断熱を施す、ということです。当然、両方行えばより断熱効果としては高くなるでしょう。

もしロフトを作ろう、もしくは屋根裏収納を考えている、というのであれば、屋根に対する断熱というのは忘れずに考えるようにしてくださいね。

ロフトのある家まとめ
注意点 ●夏場は非常に暑くなる
【対応策の例】 ●空調設備を整備しておく
●屋根材自体に断熱効果のある商材を使う
●天井に断熱を施す、等々・・・
理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > ロフトのある家に住みたい