理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 設計事務所の特徴

設計事務所の特徴

昔に比べたら設計事務所に家の設計を依頼するということのハードルは低くなりました。設計事務所や建築家の特徴、見極め方といったことについて紹介していきます。

■こだわりの家を実現したい場合はやはり設計事務所!

最近ではテレビや雑誌などの影響により設計事務所に設計を依頼するという方が増えてきました。では設計事務所はハウスメーカーや工務店と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

設計事務所の特徴としては、まず何と言ってもこだわりの家づくりを実現することができる、ということが挙げられると思います。このこだわりの家づくりをするにあたって、どうしてもハウスメーカーや工務店の場合ですと制限が出てきてしまいます。

ハウスメーカーの場合ですと基本は商品がありますので、そのメーカーの商品から著しく逸脱した家というのは作ることができません。また、設備なども提携メーカーに限られてしまう場合があります。

工務店の場合ですと技術力に縛られてしまう場合があります。工務店を選んでから家づくりをするのではなく、実現したい家を施工することができる工務店を選ぶという順番が必要になってきます。

その点設計事務所ですと、初めに設計ありきで家づくりを行っていきますので、制約なく自分の理想の家づくりを進めていくことができます。

■建築家も経験・知識により家の出来が大きく変わる!

とはいえ、当然設計事務所にもデメリットというものはあります。

まず一つは、建築家によって経験・知識という部分が大きく変わってくる、ということが挙げられます。経験・知識が低い建築家の場合ですと、時には実現不可能な設計を提案してきてしまう場合もありますので注意が必要です。

そして、建築家の中には芸術家志向の方もいますので、施主の為の家づくりが建築家の作品づくり、となってしまわないように気を付ける必要があります。どちらにしてもパートナーとなる設計事務所、建築家をしっかりと見極める必要があるでしょう。

そして、見極めるポイントとしては、やはり設計力と、監理もお願いする場合は工事監理力になります。とはいえ、単純に見極める、といっても難しいところもあります。

設計力に関しては過去の実績を見ることである程度判断することもできるのですが、監理に関しては実績を見るということは難しいため、具体的にどのような監理を行うのかということを細かく確認することが大事になってきます。

施工会社と同様、設計を行う設計事務所の選択を失敗してしまいますと、家づくりにおいて大きなダメージを受けることになりますので、設計事務所・建築家の選択は慎重に行うようにしましょう。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 家づくりの為の業者選び > 設計事務所の特徴