理想の家づくりトップ > ベーシック > セキュリティ > セキュリティ会社は必要?

セキュリティ会社は必要?

セコムやアルソックなどのセキュリティ会社の防犯の基本は、被害を最小限に抑える、ということです。セキュリティ会社は本当に必要かどうかということについて紹介していきます。

■警備員が駆け付けても侵入犯は捕まえない!?

さて、それではセコムやアルソックなどのセキュリティ会社は必要か、という点について考えていきましょう。

セキュリティ会社の防犯の基本は、防犯カメラやセンサーなどを家に取り付け、異常を感知すると警備員が急行し、被害を最小限に抑える、ということです。

ここで、セキュリティ会社を使う人の誤解がよく生まれている点なのですが、セキュリティ会社の目的はあくまでも被害を最小限に抑える、という点であって、侵入犯を捕まえる、ということではないのです。

セキュリティ会社の基本の動きとしては、侵入者をセンサーや防犯カメラで感知し、セキュリティ会社に自動で通報し、現場確認のために警備員が駆け付けます。もし現場に犯人がいても、基本は取り押さえにかかることはなく、警察に通報します。

ただ、もちろん一般人であっても現行犯逮捕自体はできるので、捕まえるかどうかはその時の状況次第だと思います。

このように、基本は犯人を捕まえる、ということを前提にはしていませんので、留意しておいてください。とはいえ、当然100%の防犯効果というものを期待できるわけではないですが、泥棒や火災の被害にあう確立や被害額を少しでも下げることができる可能性はあります。

■少しでも安心・安全な家に住むために...

また、セキュリティ会社に依頼するにあたって注意点もいくつかあります。

まず、セキュリティ会社は前述したように、家に急行しますので、家の鍵を預けておく必要があります。ここはセキュリティ会社との信用関係にもなってしまいますので、抵抗のある人もいるかもしれません。

また、基本は警備員の巡回サービスなどは行っていませんので、ちょっと不審者がいるという理由で警備員に来てもらう、ということは難しいことを理解しておいてください。

セキュリティ会社にお願いしたから絶対に大丈夫、ということはないのですが、それでもセキュリティ会社に入っている、というだけで泥棒も警戒して未然に犯罪を防ぐ効果はありますので、今より少しでも安心するためにはセキュリティサービスに入るのも選択肢の一つになり得ると思います。

理想の家づくりトップ > ベーシック > セキュリティ > セキュリティ会社は必要?