理想の家づくりトップ > ベーシック > 設備編

設備編

日々の生活に非常に密着しているからこそ費用が高くなるキッチンやバスルーム、トイレなどの住宅設備について、理想の家づくりを実現するためのキーポイントを紹介していきます。

■キッチンやお風呂、トイレなど...生活に密着した設備を考えよう!

それでは設備について考えていきましょう。こちらは間取りに比べると少し細かい部分にはなりますが、日々の生活の中では非常に重要なことですので、こちらも詳細にイメージしていきましょう。

まず、そもそも設備とは何を指すか、ということですが、わかりやすく言えば、キッチンやお風呂、トイレ、窓、コンセント、などになります。

こちらは間取りに比べると細かい部分ではあるのですが、より日々の生活に密着している分、よりこだわりを持っている方が多くおられます。「キッチンはあのメーカーでないとダメ」、ですとか、「お風呂には絶対ジャグジーが必要!」などなど。

■設備のキーポイントは3点!

ここでの後悔しない理想の家づくりのためのキーポイントとしては、3点です。

  • 優先順位をつけましょう
    • キッチンやバス・トイレなどはやはり1つ1つの設備が非常に高価です。ですので、このキッチン・バス・トイレの3点全てにこだわりを持ってしまうと、それだけで何百万円と費用が掛かってしまいます。そのため、こだわる点に優先順位をつけて、費用をかけるところとかけないところを明確にしましょう。
  • 実物を確認しましょう
    • キッチン・バス・トイレはもちろん、コンセントや窓も今では無料のショールームがどこでも開かれています。後々後悔する部分としては、当然デザイン・使い勝手というところもありますので、この設備関係に関しては必ずショールームで一度実物を見るようにしましょう。
    • 一度見ているのと見ていないのとでは実際に使った後のイメージのブレは少なくなります。ただし、注意点としては良いものに目を引かれすぎないことです。
  • 生活のイメージを細かいところまで考えましょう
    • 家を建てる前は、キッチン・バスなどは実際の使い勝手ばかり意識してしまっていますが、本当にイメージしなければならないのは、いかに手入れ・清掃がしやすいか、という部分です。
    • デザインにばかりこだわってしまい、手入れ・清掃に時間がかかるようだと、後々後悔する元となってしまいますので、手入れ・清掃という部分までしっかりイメージして設備を選択しましょう。
    • そして、家を建てる前と実際に家に住んだ後で最も後悔する部分と言えば、実はコンセントの配置なのです。一番生活に密着しているにも関わらず、家を建てる前にはどのようにコンセントを活用しているかをイメージできていないからこそ後悔してしまう部分です。
    • 配線も家が建った後は簡単に変更できない部分ですので、必ず理想の家づくりのためにコンセントの配置までイメージしておいてください。

この設備編では、キッチンやバスなど、身近にあるからこそついつい見落としてしまうポイントを押さえることに主眼を置き、後悔しない理想の家づくりを実現していきたいと思います。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 設備編