理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 新興住宅地にある家に住みたい

新興住宅地にある家に住みたい

周りもまだ人間関係が形成されていない新興住宅地に住んでみたい方も多いかもしれません。新興住宅地に住む上でどんなことに気を付ける必要があるか、ということを紹介していきます。

■人間関係が形成されておらず気楽に生活を!でも...

一昔前にはなりますが、一時期新興住宅地が乱立していました。最近ではやはり都合の良い広さの土地が少なくなってきたことから新興住宅地自体がずいぶんと減ってきた印象があります。

とはいえ、やはり同じ新天地に引っ越すのであれば、周りもまだ人間関係が形成されていない新興住宅地に住んでみたい、という方も多いのではないでしょうか。

やはり、新興住宅地の場合周りも引っ越してきたばかりですので、余計な気を使う必要もないですし、できた当初から住んでいると、その街の歴史を作りながら生活することができますので住んでみたい、という方も多いのかもしれませんね。

とはいえ、新興住宅地には新興住宅地ならではの問題というのもあります。

新興住宅地の場合、ある程度の住宅が済むようにならなければ、スーパーなどの店を出すにも出せないため、生活に不便が生じる、ということがあります。

そして、周りは常に工事をしていますので、かなり長期間にわたって工事の騒音には苦しめられることがあります。

■何よりも街として完成しないのが大問題...

しかし、何よりも問題は、もし新興住宅地のかなり初期の段階で引っ越してきたものの、全然住民が集まってこない、ということがあれば、かなり困ることがあるでしょう。人が集まらないということは、上記のスーパーなどの店がいつまでたってもできない、ということがあります。

そして、宅地開発のために工事だけは延々と続けられていますので、騒音には苦しめられます。その工事の終わりが見えない、というところが問題です。

私は新興住宅地を見るのが好きで、関西では彩都などをまだ家が建ち始める前からよく見に行っていました。最近ではずいぶん住宅が増えて立派な街となっていますが、やはり初めのころはなかなか住宅が増えないなぁ、と思っていたものです。

やはり新興住宅地にあまりに早くから家を建てて住んでしまうと、生活上の不便も出てきてしまいますので、少し時間が経ってから住む、という方が不便というのは少なくなっていることが多いようですね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 新興住宅地にある家に住みたい