理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 食器棚もオーダーメイドに

食器棚もオーダーメイドに

キッチンの収納の要ともいえる食器棚。通常は市販の食器棚を購入して設置する方が多いのですが、最近は使い勝手の良さを考えてオーダーメイドにする方が増えてきています。今回は食器棚をオーダーメイドにする際のポイントについてご紹介します。

■キッチン空間のとらえ方の変化が影響している

これまでキッチン空間は調理をする場としてとらえられてきました。しかし独立キッチンから対面キッチン、そしてオープンキッチンとリビングやダイニングとのつながりがより深くなり、境界があいまいになってきています。

それは「家族も料理に参加する」「料理をしながら来客をもてなす」といったライフスタイルの変化の影響も受けていると考えていいでしょう。

こうしたキッチン空間のとらえ方が変化してきたことで、キッチンの収納に求められるものも変化してきています。その最たるものが食器棚です。

食器棚はもともとその名のとおり食器を収納するためのものですが、最近は電子レンジや炊飯ジャー・コーヒーメーカーなどのキッチン家電が置けるようになっていたり、スライド引き出し部分に食器収納用の細かな仕切りが設けられていたりと多機能になってきました。

またオープンなキッチン空間を求めるということは、リビングやダイニングとのインテリアバランスを考慮することも必要です。

このようにキッチンの空間や収納に求めるものが多様化してきている今、食器棚を既製品ではなくオーダーメイドで注文する方が増えてきているのは自然なことだといえるでしょう。

■オーダーメイドの食器棚の役割とは?

食器棚をオーダーメイドすることのメリットは、自分が使いやすい仕様にカスタマイズできるという点です。

同じ幅寸法でも上から下まですべて食器収納にするのか、カウンタータイプにしてキッチン家電を置くのか、食料品のストックも置けるようにするのか、オープンスペースをつくるのか等自由に設定できます。

また扉の面材をキッチン本体の扉に合わせたり、オープンキッチンならリビングやダイニングのインテリアとマッチした素材やカラーの扉を選んで統一感を出すことも可能です。

食器棚本体の仕様だけでなく、キッチン空間のカスタマイズという役割も期待できます。

たとえば冷蔵庫と食器棚との間にゴミ箱スペースを設けたい場合、食器棚の幅寸法を調整することで希望の広さのゴミ箱スペースを確保することができます。

キッチン空間はもちろん、LDK全体のプランニングの自由度を高めることができるというオーダーメイドの食器棚の役割は、家づくりにおいて大きいといえるのではないでしょうか。

■食器棚をオーダーメイドする時はここに注意しよう

食器棚をオーダーメイドする場合、最も注意したいのは本体サイズです。食器棚を置けるスペースをきちんと確認してから幅・奥行・高さの各寸法を打ち合わせしましょう。せっかくオーダーメイドにしても現場に入らないという問題が起きてしまうと本末転倒ですので要注意です。

また食器棚内に設置する棚板は、60~90cmの長さだとその厚みによっては食器等の重みですぐたわんでしまう可能性があります。幅が長くなるのであれば厚みがしっかりある棚板を注文しましょう。

そして収納部分の扉を開きにするか引き出しにするかも使い勝手を左右するポイントです。収納量は開き扉が、物の取り出しの容易さは引き出しが優位です。何を収納するのか、どう使うのかをよく考えながら収納部分の扉のタイプを選びましょう。

食器棚をオーダーメイドする際には注意点も多いため、少し面倒だなと感じる方も多いかもしれませんが、その分使い勝手は市販のものより格段に良くなりますので、一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 食器棚もオーダーメイドに