理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > 外塀はどうする?

外塀はどうする?

家の外塀も、ブロックの外塀や、フェンスで囲った外塀、植木で作った外塀など、どれを選択するかで家自体のデザインや役割が変わってきます。理想の家づくりにおいて外塀で考えるべきデザインと機能について紹介していきます。

■外塀はデザインと機能に着目して選択しよう!

さて、家の外観にも大きな影響を与える外塀について考えていきましょう。

外塀で考えるのは主にデザインと機能の2点です。この2点から外塀の材料も決まってきます。

特に最近は非常にオシャレな外塀が増えてきています。外壁と同じ色の外塀を用意し、アクセントとして塀にカーブをつけて家全体のデザインを構築している家も多くあります。また、ブロックの外塀や、フェンスで囲った外塀、植木で作った外塀などもあります。

外塀はやはり家の外観を決める大きな要素となります。見た目重視という部分と外からの目線を遮断し家を隠す目隠しとしての役割があります。これも、どちらが良い、悪いと一概に言えるものではないかと思います。

やはり、プライバシーをしっかりと確保するために、外塀で家の中の様子が分かりにくくする、ということも大事ですし、あまり隠しすぎると、泥棒が侵入したときに隠れやすい空間を作ってしまうため、逆に泥棒としては侵入しやすい家、ということになってしまいます。

■隠すことと見通しのバランスを忘れずに...

外塀において一番大事なのは、プライバシーの確保と侵入者を防ぐ安全な家にすること、この両方のバランスをとる事であるかと思います。

ある程度家族のプライバシーを確保しつつ、外からの見通しもいい外塀にする、ということを考えればどちらも確保することができるようになります。

逆に、どっちも中途半端になってしまって、プライバシーを確保できず他人の目が気になってしまうにもかかわらず、泥棒の隠れるスペースだけができてしまっているということにならないためにもバランスを取るよう気をつけましょう。

外塀に関しては、デザインと機能、ということを頭に入れて、メンテナンスの手間があまりかからない外塀を選んでもらえれば良いと思います。

外塀はどうする?まとめ
●外塀で重要なポイントはデザインと機能
●外塀の種類はブロックやフェンス、植木など多種多様
●隠すことができるということと、見通すことができるということのバランスを重視する
●メンテナンスがあまり必要ない外塀を選択する
理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > 外塀はどうする?