理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 天窓のある家に住みたい

天窓のある家に住みたい

家の中から夜空を見上げるために、寝室に天窓が欲しいと思っている方は多いと思います。天窓のある家に住むためにはどのような点に注意し、対策を取る必要があるかを紹介していきます。

■天窓のある家はやっぱり明るい!

『寝室は絶対天窓が欲しい!』

家の中で寝室から空を見たいと思っている方は結構多いと思います。そのために有効なのが天窓です。

では、天窓にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

やはり、夜に家の中から星を見ることができる、ということもメリットの一つですが、何と言っても日中に天井から日の光を取り入れることができる、ということが何よりも大きいでしょう。

そして、天窓を設けることによって、新たな空気の流れを作り出すことができます。

窓から入った空気を天窓から逃がすことによって、新たな空気の流れとなるのですが、空気が出入りする高さが違うことによって、温度差による通風効果もあるため、風があまりないときでも空気の流れを作ることができるのです。

それでは、天窓はどんなものでも取り付ければ問題ないのでしょうか?いえいえ、やはり、通常の窓とは違う窓となりますので、選ぶためのポイントを抑えておく必要があります。

■断熱に遮熱に紫外線カット...窓ガラスは高機能!

まず天窓を選ぶポイントとしては、掃除のしにくい場所だからこそ、汚れにくい窓を選ぶ、ということも重要になってきます。最近では、汚れのつきにくい窓用塗料というものも出てきていますので、やはり後々の掃除の手間ということまで考えておく必要があるでしょう。

さらに、日の光を取り入れるために天窓を設けたにも関わらず、太陽の熱まで全て家の中に入れてしまうため、家の中が暑くてたまらない、ということが無いように、窓に断熱・遮熱効果の高い窓を選ぶということも重要です。

やはり天井からの光というのは直接的に家の中に入ってきますので、できれば紫外線カットにも気を付けたいところです。

このように普段なかなか手を加えることが難しいのが天窓ですので、できるだけ手を加えないで済むように、初めの段階で手間のかからない天窓を選ぶようにしておくことが大事です。

とはいえ、断熱や遮熱、紫外線カットの窓ガラスは若干透明度が低いと言う部分もありますので、もし家の中から星を見たいと考えているのでしたら、窓の透明度と断熱や遮熱効果の両方が実現できるようにバランスを考えてくださいね。

理想の家づくりトップ > ランクアップ > こんな家に住みたいシリーズ > 天窓のある家に住みたい