理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 手抜き工事をされないかが不安

手抜き工事をされないかが不安

施主自ら四六時中家の工事を監理することができない以上、どうしても手抜き工事をされないかが不安になります。手抜き工事をされないためのキーポイントを紹介していきます。

■したくなくても手抜き工事になることはある...

家の工事中にずっと現場につきっきりで見ておく、ということはほとんどの方が難しいことだと思います。現場でずっと見ておくことが難しいのであれば、やはり工事現場は職人の方にお願いすることになると思います。

しかし、お任せしたは良いけど、やはり手抜き工事をされないかが不安だ、という方はいらっしゃると思います。

もちろん大工の方も悪意をもって手抜き工事をする、という方はほとんどいらっしゃらないと思います。やはり職人のプライドもありますので、できるだけ良いものを作りあげたい、という思いを持っている方が多いと思います。

しかし、工期が極端に短いため、どうしても時間をかけられない、ということもあるでしょう。また、予算の都合で職人の数が足りず、手間をかけられない、ということもあるでしょう。他にも、単純に技術が足りない、ということもあるでしょう。

手抜き工事をしようと思っていなくても、結果的に手抜き工事になってしまうケースというのは、様々あると思います。

■手抜き工事をされないためにも第3者チェックが必要...

しかし、理由はどうあれ、施主としては手抜き工事をしてもらっては困ります。だからこそ、手抜き工事されないように工事監理者は信頼できる人にお願いするようにしましょう。

工事段階で手抜き部分を発見することができれば、手直しをすることもできます。逆に言えば、工事段階で手抜き部分を発見できなければ、手直しすることができないこともあります。

施主自ら現場を四六時中監視することができない以上、また、できたとしても監理するポイントが分からない以上、第3者の工事監理者に工事の監理をお願いする必要があります。

だからこそ、工事監理者の実力というのは非常に重要になりますので、工事監理を誰が行うのか、ということには特に重要視するようにしてください。

理想の家づくりトップ > マスター > 工事についての役立つ情報 > 手抜き工事をされないかが不安