理想の家づくりトップ > ベーシック > 必要設備 > 土地が狭い場合は?

土地が狭い場合は?

理想の家を建てる為に必要な広さの土地が見つからないことがあり、広さを妥協してしまうことがあります。本当は理想の家に合わせた土地探しをしたいところですが、既に契約してしまっている土地が狭かった場合はどうするかについて紹介していきます。

■理想の家に合わせた土地探しを行おう!

ここでは土地が狭かった場合について考えていきましょう。

まず、その土地は元から持っている土地なのでしょうか?もしくはすでに売買契約してしまった土地なのでしょうか?

契約してしまっている土地であれば、その狭い土地の中でどのように理想の家を実現するべきかを考えていくのですが、もし、まだ契約をしておらず、いくら創意工夫をしても広さが足りない土地という場合は、違う土地を選ぶべきです。

当然その土地の立地が良かった、ということはあるかもしれませんが、少なくともやりたいことを実現できるだけのスペースがなかった土地であれば、その土地を諦め他を探せばきっと理想の土地に出会うはずです。

後悔しない理想の家づくりをするためには、土地に合わせた家づくりをしないでください。理想の家に合わせた土地探しを行ってください。

焦らなければ土地というのは必ず理想の家に合う土地が出てきますので、焦らず手間を惜しまず根気よくもう少しだけ土地を探してみてください。

■優先順位の低い部分に関しては諦めも必要!

とはいえ、すでに土地を持っている方や、すでに契約してしまった方は、何らかの対応を取る必要が出てきます。

当然創意工夫がありきですが、それでもどうしても土地の広さが足りなかった場合は、ここで今まで考えていた優先順位に従って、下から諦める、もしくは代替案を活用してください。

ここは、優先順位の最も低いものに関しては、すっぱりと諦めましょう。必ず優先順位の低いものは必ずありますので、未練だけは残さないでくださいね。とはいえ、基本は理想の家ありきですので、できるだけ理想の家を実現できる土地探しをしてくださいね。

土地が狭い場合は?まとめ
●もし契約していない土地が狭い場合は、違う土地を探すべき
●理想の家に合わせた土地探しを行おう
●既に土地を持っている場合や契約済みの場合は、優先順位の低い部分に関してはすっぱりと諦めるようにする
理想の家づくりトップ > ベーシック > 必要設備 > 土地が狭い場合は?